スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ

今日は休日

2週間ぶりぐらいに予定のない休日。
次も微妙に仕事が入ったり、その次もちょいと遠出しなきゃいけなかったりで、
またしばらくはじっくり休めないかもしれない。
まぁ、遠出は楽しい休日には違いないんだが。
やはり掛け持ちで仕事してるとなかなか体を休めることができないね。

そんなこんなでしっかりと休日とやらを満喫してみた。

今日やったこと。

・アパートの部屋の玄関ドアの隙間(約5mm)をスキマテープ買ってきて塞いだ。夏の虫対策。
ゴッキーは自分の意思で体をペッタンコに潰せるんだっぜ。5mmぐらいは楽に潜り抜ける。
・キッチンのガス台とシンク、シンクと棚の隙間をアルミテープで塞いだ。
アルミテープ1

アルミテープ2

いつもここから水やゴミが落ちて気になってたのでな。

・キッチンのガス台のすぐ横に木の棚があるんだが、その壁面にアルミシートを貼った。
キッチン

付着した油に引火しそうで怖かったwダイソーでおしゃれなアルミシート発見。いいなぁこれ。

・クッキーを30個ぐらい焼いた。
クッキー焼く前
先日職場にて「買うより作った方が安くて旨いんじゃね?」的なことを言ったら、
女性陣から「じゃあ作ってこいよ、そんなに簡単じゃねーんだよ」的な声があったので。
普通に普通のクッキーでよければ毎週作ってるんだが・・・食べたいなら自分で作ればいいのに。
オーブンが無いのでトースターで10個づつ、10分×3回に分けて焼き上げた。
クッキー完成
トースターの網目の都合、端っこがたれる。たれくっきーになる。量産ゆえに仕方ない。

・寝た。
しばらくぶりに昼寝してみた。なんかすぐ起きたwww

・大掃除。
トイレの壁とかやキッチンの細かいところなど、普段やらないところまで掃除してみた。

うん。満喫。・・・ってか、

休んでねぇwwwww疲れたwwwwww

そうそう。
頼んでおいた財布が届いた。まぁ予想以上にしっかりした作りだ。
財布
でも、このエンブレムがあるから買ったのに、それが既に右上のあたりから剥がれてきている罠。
指やポケットの縁があたる部分で症状が止まってくれることを祈ろう。

個人的にはコンチョ(ボタン部分のコイン)が同じ紋章なのが気に入った。
この財布がダメになったら外したコンチョを使って、
もっと本格的な奴を自分で作ろうと思う。もちろん本革で。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

豚インフルエンザの話。「フェーズ4ってなんぞ?」

豚インフルエンザ。ブタインフルエンザA(H1N1)ウイルスによる感染症。
本来、豚⇔豚の間でしか感染しなかったインフルエンザウイルスが、
何故か人間に対しても感染を始めたそうな。
で、これはなんでかってのはまあはっきり判明していないのだが、
これまでは豚→ヒト、鳥はなかったんだけど、ヒト、鳥→豚の感染は実はあったので、
そっからもらったウイルスとのぶつかり合いで双方向感染力を得てしまったのではなかろうか。

さて、そんな豚インフルエンザなのだが、陽性反応はまだメキシコでしか出ていないものの、
既に死者の数3桁、陰性反応も含めればメキシコ以外でも多数の感染者が確認されている。
新聞もニュースもすっかり豚インフルエンザ一色となり、
WHO(World Health Organization:世界保健機関)によれば、
今回の件については、「フェーズ4に以降」との発表もあったそうな。
ところで、フェーズって一体何なのか。テレビではそこまで詳しく説明してはいないような。

さて、このあまり聞きなれない「フェーズ」って言葉、これに焦点を当ててみよう。

まず、このフェーズって言葉を知る前に、「パンデミック」という言葉を知らないといけない。
パンデミック(pandemic:感染爆発)とは、
感染症や伝染病が世界規模で流行する様子を表す言葉だ。
これまでに、世界は何度もこのパンデミックを体験している。
例えば、14世紀にヨーロッパで流行したペスト(Pest:黒死病)
世界各地で転々と7回もの大流行を起こしたコレラ(Cholera:虎列剌)
まだ記憶に新しい、1918~1919年に大流行したスペイン風邪ことインフルエンザ(Influenza:流行性感冒)などだ。

パンデミックが起きると世界規模で大量にヒトが死ぬことになるので、
死にたくない我々は必死で抵抗する。
そこでWHOなる組織の仕事の1つとして、パンデミックの脅威から世界を守るってのがある。
ところがWHOってのは研究や警告がメインで、強制力なんてほとんど持っていないので、
「これぐらい危険なんだお!気をつけるお!」
って具合に教えてくれる時、一般人がわかりやすいように基準を設けているのだ。
それが「パンデミックフェーズ」である。

パンデミックフェーズはこれまでに何度か微妙に内容が変わっているが、
大体こんな感じで6段階に分かれている。
fe-zu.jpg
まぁ見ての通り、実はその定義は曖昧だ。

WHOによれば現在、パンデミックインフルエンザ警報フェーズ4ということで、
フェーズ5としなかった理由については
「感染者は世界に広がりつつあるが、陽性反応はメキシコに限られている」
からとしている。

なお、世界中の全ての国がWHOに参加しているわけではない。
怖いのは、WHOに加盟していない国での感染者情報や対処情報は、
明確に得られないというところだろう。

ちなみにこの豚インフルエンザウイルス、ワクチンを作るのが困難な状態にある。
季節モノの普通のインフルエンザ用のワクチンを作るので精一杯だそうな。
ワクチン作るには「クリーンルーム育ちの両親から生まれた有精卵」が必要。
そんなもん、予定外に量産できるわけがないわな。スーパーで買った無精卵じゃダメなのね。
こんな状態で一気にフェーズ6とかいっちゃったら目もあてられないなー。
まぁ、ワクチンこそ無いまでも、タミフルとかリレンザとかの抗インフルエンザ薬は効くそうなので、
絶対死ぬわけじゃないけどね。

飛行機って便利なものが普及したおかげで、
現代の国外感染のスピードは驚異的な速さだ。昔とは比べ物にならない。
すでに国内に入ってきている可能性だってある。
今回の件については今日まで、
羽田空港なんかでは結構適当な検疫だったそうだ(メキシコ行った人でも素通りできたそうな)
不安があるなら、マスクをつけるなりうがいを徹底するなり、
自分で自分を守るしかない。
いやぁ、怖いね。ほぼ毎年恒例のようにインフルエンザにかかってる自分だからねw
気をつけよう。


おまけ。

パンデミックと言う言葉、これそのものは英語として扱われているが、
その正体をたどっていくとあるギリシア語が見えてくる。
この言葉pandemicは、panとdemicに分割する。
後ろのdemicの語源はdemosという言葉だ。
pan-(全ての~)demos(人々・民衆)、つまり「全ての人々」って意味だ。

古典ラテン語でpandemiaと書けば意味は同じで「全ての人々」だ。ギリシャ語語源なのがわかる。
不思議なことにこれの形容詞形はpandemicusで、「大流行の」と変化する。
pandemos→pandemia→pandemicus→pandemicと変化した言葉なのではなかろうか。

ところで、demosって言葉には実はさらに語源がある。
印欧祖語語幹って呼ばれる古い言葉まで遡れるらしいが、
それは「da- : 分ける・分割する」というものだそうだ。

まぁ、このおまけ記事部分はわたしも引用中心なので真実かどーかは判らないが、

んー・・・「全ての分割」 、か。
なるほど、意味的に間違いではないかな。
人気ブログランキングへ

ジャンル : ニュース

テーマ : 豚インフルエンザ

タグ : ニュース 豚インフルエンザ

山形の片隅で世界平和を祈る

わたしが生きている間に、1日でいいから、
世界中の新聞の全てのページが、平和な記事で埋め尽くされる日が来ますように。




れはとても簡単なようで、全く現実味の無い話。
人気ブログランキングへ

え、あれ?作れるの?

今日妹と会話しててふと思ったこと。

シュークリームつくりの話になって・・・
Alva「オーブンは持ってないからなぁ」

これは言い訳ではなかろうか。

先入観で、シュークリームの皮はオーブンじゃないと作れないと思っていたわけだ。
でも、今ふと思ってググってみたらびっくり、
トースターでの成功例があるわあるわ。

これはさっそく試してみなければなるまい。
卵を大量にもらってきたので、すぐにでも試せるな。
とは言え、そろそろ寝ないと仕事に影響するのでまた後日。

よーく考えてみたら、オーブンよりトースターの方が楽かも。
ちょっと焦げ目がついたぐらいの焼きたてシューに好きな具材を挟んで食べるのも、
これがどうしてなかなか旨いんだよねぇ。
人気ブログランキングへ

フロントミッション6?NEXT FRONTMISSION 最新情報

最近話題のFRONTMISSIONの続編情報。
Front Mission Evolvedという名前がアメリカで商標登録されたとかって情報もありましたが、

こちらは海外のOfficial Xbox Magazineで掲載された記事の模様。
FM.jpg

・・・って、XBOX360!?Σ(・Д・)
ちなみにこの公式雑誌は月刊誌で、国内のAmazonでも購入可能です。
・・・が、拡大してみるとJune 2009となっていますね。
ちょっと前に5月号が出たばかり。6月号は、日本でも米国でも未発売なのです。
ネットで話題ではありますが、なんか胡散臭さも感じますねw

翻訳してみましょう。よく見えないけど。

あ、すいません、英語わからないんでした。
まぁのんびり待つとしましょう。
まだどのタイプのFRONTMISSIONなのかわかりませんからね。





人気ブログランキングへ

粉末の錬金術師

砂糖60グラム・・・マーガリン80グラム・・・小麦粉200グラム・・・

大人1人分として計算した場合のクッキーの構成成分だ。

小麦粉と砂糖、他入れたい固形物・粉末をまず混ぜる。

そして常温で溶かしたマーガリンを混ぜる。

硬く丸めて平たく伸ばす。型で抜く。適当に手で丸めたっていい。

トースターで10分練成する。

お菓子が食べたかったが金が無かった。金が無いなら作ればいい。

粉さえあればなんとかなる、それが粉末の錬金術師。

計量2分、混ぜ3分、成型5分、焼き10分、冷まし10分の計30分で完成。

10分程度の色白焼き加減なら、ふんわりさっくさく甘さを感じる。

13分前後の茶色い焼き加減なら、カリッとザックザク香ばしさを感じる。

その間にお湯も沸かせば簡単ティータイム。

ちなみにこの材料で「厚み1cm、直径5cmの大型クッキー10枚」が練成できた。

さて休日無し2週間耐久レース後半、甘さ控えめで今週末も頑張ろう。
人気ブログランキングへ

東方って凄い。萃香は良い。

このブログの話。

一応運営してるブログやサイトの類は、ほぼ毎日アクセス解析しているわけだが、
このブログに関して言えばたまーに突出してアクセスが集中することがある。
それは多くが、東方関連のキーワードを文章やタイトルに埋め込んだ場合だ。
普段のアクセスの5倍程度のアクセスが集まる。
特にキャラクター名でのアクセス・検索来訪は多い。
萃香は良い。うん。

では、単純なアクセスアップのためには東方をメインに扱えばいいのか?ってなる。
でもまぁ、別にここは他のどのサイトとも違ってだらだらと気分で文章を書く場だし、
ブログってシステムの実験の場でもある。
テーマを固定しちゃうとやれることが少なくなる。
ちなみに勘違いしている人がいるので一応言っておくが、
ここはわたしの「日記」ではないと名言しておく。
一般に言われる日記のようなものは一切書いた覚えは無く、
ほとんどがネタである。ここで書かれている「気持ち」も大半がネタである。
色々と間に受けて速攻でメールしてきたりする人もたまにいるが、
そりゃーお門違いだ。
私はネットなんぞという公共の場で自らの心の内を全て語ったりはせんよ。

ということで話は反れたが、東方って凄い。
って事で、今度ちょっとアクセス集中の実験してみる。東方×ブログで。

ちなみに定期的に安定したアクセスがあるのは、
PSPのアナログスティック修理の記事だ。
常に検索上位はこれで占めている感じ。相変わらず。どんだけ壊れるんだ、PSP。
人気ブログランキングへ

Figma ドロッセルおぜうさまをこの手に・・・w

うーむ、欲しい。

Figma ファイアボール ドロッセル

ディズニージャパン初のフル3DCGアニメ、ファイアボールのドロッセルお嬢様のFigma。
フル稼働、差し替えパーツ多数でシーンも完全再現。
いいね、うん。 いいねこれ。
ポチっちゃおうかなー。

流行通→"Figma ファイアボール ドロッセルの予約受付開始!
人気ブログランキングへ

パソリと電子マネーとマイル。

メールの送信が出来なかったわけだが、なんとか直したと思う。
でも、普段からメールってあんまり使わないからなー。
特に不便は感じなかったな・・・。
おいらのPHSは皆様がお使いのケータイのように楽にメールが打てるわけじゃないのです。
いや、正確に言えば、「文章の短いメールを短時間にやり取りする」のが苦手。
じっくりと長文を打ち込むのはキーボードがあるので楽なのですが、
メーラーの起動や受信・送信に普通のケータイの倍以上の時間がかかるって点で、
正直、日常会話代わりに送受信するのは面倒なのです。
だから、メール送受信で3往復もするぐらいなら電話にしてくれと思うのはソコなのです。

ところで話変わって最近気になっている商品。
最新のパソコンなんかには最初からその機能が入っているようですが、
USB外付け型の「ソニー 非接触 ICカードリーダ/ライタ USB 対応 パソリ RC-S330」。
つまりあれだ、電子マネーのEdyなんかをチャージしたり、
自宅のPCからAmazonの支払いにEdyを使えたり出来るって機械。
この前に型から進化した点は、
e-Tax(国税電子申告・納税システム)なんかの公的個人認証サービスに対応してる点。
自宅からインターネット経由で確定申告・納税の手続きが出来る。
これが無くても、PCでの文書作成まではそりゃ出来るんだけど、
持参するか郵送するかしないといけないわけだね。

ちなみにe-Taxってのも、お役所らしさというか案外不便なものらしく、癖があるとかなんだとか。
書類作成までは市販の申告支援ソフトを使う方が利口だそうで、
それで作ったデータを用いて、このカードリーダを使ってe-Taxで流すってことは可能だそうだ。

それと、なにやら私のメインカードのJALCARD/TOP&ClubQ、
これを用いてEdyとかWAONとかをチャージしてやるとマイルが入るとかなんとか。
WAONはオートチャージ、Edyはパソリでチャージかな。
興味はあるが、まーそのうちだな。安いから試してみる価値はあると思うが、
山形ではまだそんなに需要ないんだよな。電子マネー。

ソニー 非接触 ICカードリーダ/ライタ USB 対応 パソリ RC-S330
ソニー (2009-01-21)
売り上げランキング: 119
おすすめ度の平均: 4.5
5 電子確定申告e-taxが簡単にできるべ便利アイテム
5 使い勝手よし
5 手軽かも
5 満足です
5 満足

人気ブログランキングへ

スターウォーズ×萌え

“萌え画”日本代表にルーカスもお墨付き

西又葵(注1)さんがスターウォーズの絵を依頼されたらしい・・・。
(注1:秋田の萌えパッケージな米のイラスト描いた人。)

・・・ってネタかと思ったら本当なのか!?w
スターウォーズ公式萌え担当。なるほど。うん。いいんじゃないか?
わたしゃスターウォーズは大好きなわけで、うん。

スター・ウォーズの誕生を祝う企画のようですが、日本からは私を含めもう1名で日本代表2名ということで・・・


ふむ、誕生を祝う企画・・・?どういう記念だろう。
スターウォーズの誕生と言えばやはり「Ep.Ⅳ A NEW HOPE」の劇場公開の事かと思うが、
アメリカでの公開が1977年5月25日、
日本での公開が1978年6月30日なので「○周年記念」では無いだろう。

むしろ○周年という意味では、昨年が実は日本公開30周年だったわけだ。
東京という限定的かつ遥か遠き地でちょっとイベントがあった程度なので、
やなんの祭りも無く過ぎた30周年記念だったな。

ということで、思いつくのは毎年恒例、5月25日の記念日イベント程度じゃなかろうか。
ハッピーバースデーってこったな。
でもなんか・・あれだね。

・・・誕生日プレゼントを自分で依頼しているみたいじゃないか?w

AlvacoreはひっそりとJAうごを応援しています。
→JAうご

ちなみにこっちは応援していません。2番煎じだし。名前はもえだけどこれは萌えじゃないし。
→萌え米.COM
人気ブログランキングへ

「TV買い替えのギモン」~trimethyl氏からの質問~

前回の記事「パナソニックの最新薄型ネオ・プラズマ「Z1」を展示してきた」で、
コメントとしてあったtrimethyl氏の質問への回答。
質問内容はこんな感じ。

自分ちはまだブラウン管なんで、そろそろ買い替えも視野に入れてるんですが、買い替えの時期ってどうでしょ?
地デジぎりぎりまで待った方が良いんでしょうか?

また、50インチなんてでかいのは部屋に不釣合いなんで、30インチ台でオススメのTVあります?液晶・プラズマ問わずで。
ちょっと日記と趣旨が違う質問になって申し訳ないですが(汗

・映画とかスポーツとか特に偏って見る物はないです。
・さほどTVみないんで、あまりハイスペックな物は必要ないです。
・もちろん安いに越したことは・・・w
・最近TVにHDDぶち込んで録画できるヤツあるけど、アレ良さそうに思うんですが、欠点ありますか?
・DVDレコーダーも地デジ非対応なんで、いずれブルーレイ対応のレコーダーも買うつもりなんで、ビエラリンクとかそういう観点からもアドバイスあれば欲しいです。


多分、同じようなギモンを持っている人って多いと思う。
なんにでも利点と弱点はあるので完璧な正しい解答なんて無いんだけど、
わたしなりの答えを書いてみようと思う。

■質問1 [買い替えの時期っていつ?]
この質問をする人は、暗に「安い時期っていつ?」という意味でもあるんだと思う。
当然、新製品より旧製品の方が安いわけなんだが、
旧製品は新製品が出る前後に発生するってのが世の常だ。
すると、「安いのは何月?」ではなく、メーカーによって新製品が出る時期は異なるわけだから、
欲しい商品の発売メーカーによって安い時期は異なると知るべきである。
新製品発売の時期はメーカーごとにほぼ固定なんで、さらっと書いておく。

・SONY・・・中小型主力商品は春夏(まさに今)
       高額、大型商品は秋冬
       レコーダーは秋冬(一部のモデルは時期がずれるので不明)
・パナソニック・・・中小型主力商品は春夏(下位モデルから順に出していく)
          大型商品、や一部のモデル(HDD内蔵など)は秋冬
          レコーダーは秋冬(去年短期間でマイナーチェンジし、時期変動している)
・SHARP・・・すまん、把握してない。春夏、秋冬と万遍なく出てる感じだが・・?
・東芝・・・最近加速していて、一番サイクルが短い。
      半年で全モデルの新型が出る。(マイナーチェンジ程度だが)
・日立・・・今年は5月のGW明けに一斉入れ替えで新型が出る

で、時代の流れとして、地デジの話があるのだが、これがなんとも普及してない。
何年もかけて全体数のやっと半分程度ってとこだ。
最近やっと買い替えにくる客が増えてきたのもあって、
新製品でも人気商品は1ヶ月以上待たなきゃいけないものもある。
知っての通り、生産量、流通量は減っているので、正直急激に受注が増えるとキツイ。
それに、商品量だけではなく、テレビは配送~設置などのサービス面の手間もかかる。
アンテナ交換や、インターネットなんかの契約作業なんかもあるわな。
そゆわけで急激に客が殺到してくると、2~3ヶ月、最悪半年待ちもありえると予想されている。
当然、そんな状況では「安い旧モデル」なんて手に入る予感すらしない。
安くなるだろうと待った結果、高い買い物になる可能性もある。

スケージュール的には、既に発表の通り2011年7月24日がアナログ停波の予定だ。
だが、1年前の時点で、画面上下に黒い帯と注意文が出るって話がある。
サンプルは観たんだが、イメージとしてはこんな感じだ。
この放送はまもなく-1
画面は小さくなるし、文字は邪魔だし、結構早い段階で買い替え殺到が始まると思う。
まだ詳しい日程は不明だ。
買うなら今でもいいんじゃね?と思ってしまう。そんな感じ。

■質問2 [でかいのは部屋に不釣合いなんで、30インチ台でオススメは?]
何をもって30インチ台としたのかな、っと。
大きさの選び方を軽く話ししておきたいと思う。
今テレビ売り場にいくと、サイズ表記は「40インチ」ではなくて「40v型」と書かれている。
実はこの二つの言い方は全く別物で、「○v型」という表記だと、「インチ」表記より小さくなる。
昔は4:3の画面だったが、最近は16:9と横長になったわけだが、
画面サイズは斜めに測るのは変わらないので、同じインチ数だと高さが減ることになる。
これが1つの要因だ。
もう1つの要因は、どこからどこまでを計るのか、だ。
ブラウン管時代のテレビは画面内の外縁部との境目に黒い映像の映らない領域があって、
この範囲だけを図って○インチと言っていた。
しかし今は、見えてない領域が画面外にも存在するため、ここも計測する。
つまり、○v型という名前でも、メーカーや型番によって微妙に映像サイズは違うのだ。
映る映像の「大きさ」は高さで決まるため、例えば32インチのテレビと32v型のテレビでは、
32v型の方が圧倒的に小さくなってしまう。
参考までに、37v型のテレビに映る映像は、ブラウン管の29インチとほぼ同サイズ、
高さが若干1cmほど高い程度の大きさだ。
今まで29インチだったから、という理由で32v型を買うと映像は小さくなってしまうので要注意。

なお、適正視聴距離がブラウン管時代の約3mからずっと短い距離でOKになっているため、
50v型でも約1.9mと至近距離でも大丈夫な商品になっている。(=目が疲れにくい、視認性が良い)
番組の作り方も大型のテレビを意識しているのか、文字などが小さくなる傾向にあり、
若干大きめで買っても問題ないのではないかと思う。
今まで、買って大きすぎたという人はほとんどいない。むしろ逆は多い。

で、テレビは大きさによってある程度の分類が出来る。
まず、メーカーでほぼ共通の基本サイズといえば、
26、32、37、42、46、といった感じのラインナップだ。
SONYや三菱などで例外の40型があったりもする。

さて、ハイビジョンとフルハイビジョンという2つの言葉がある。
横に1000×縦に700以上の画素で構成されたテレビを「ハイビジョン」と呼び、
ブルーレイやPS3クラスの映像表現が可能な最大の目の細かさ(1920×1080)を「フルハイビジョン」と言うが、
このフルハイビジョンを選ぶのであれば32型以上となる。
だが、32型でも50型でも目の細かさは最大の約207万画素であることに違いはなく、
正直32型ほど小さいものならば目が細かすぎて正直フルハイである必要はあまり感じない。

そして動きの弱い液晶の場合。この対応処置をしているかどうかでまた分類される。
残像を防ぐため、放送では30コマ/秒で送られてくるものに対し、
コマとコマの中間映像を生成したり、黒を挟んだりと色々な方法で対処を施した、
倍速液晶というものが存在する。
プラズマは元々動きに強いので、倍速液晶とかは全く関係ない。

この「フルハイビジョン」+「倍速液晶」の二つがそろっているのが理想的な組み合わせだ。
37型以上の液晶はほとんどがこれになっているのだが、
32型以下となると、売れ筋はほとんどがこのどちらもついていない安いもののようだ。
32型のフルハイビジョンテレビは去年初めて登場したのもあって、まだ高い。

32型と37型のフルハイビジョン、倍速液晶ではほとんど価格が変わらないので、
置ければ37型を選ぶ人が多いのだ。

ちなみに利点としては液晶よりもプラズマの方が多い。
寿命、コントラスト、画面の耐久性、応答性能、視野角など、様々な点で液晶を凌駕する。
弱点と言えば、旧プラズマならば液晶テレビより高い于電気代が弱点デスよ、と言えるが、
それでも42型で平均月々2~300円差程度の差のはずだ。
だが、フルハイビジョンのプラズマは42型から上にしか存在しない。
で、プラズマは「同じ大きさなら液晶より安く良いものが手に入る」が基本だ。
場所的に置ければ去年の42型、フルハイのプラズマテレビなんかは恐ろしく安いハズだ。
例えばコレ。TH-37LZ85は去年のパナソニックの37型最上位機種だったのだが、
Panasonic VIERA 37V型地上・BS・110度CSデジタルフルハイビジョン液晶テレビ TH-37LZ85
それより大きなTH-42PZ80-Kの方が安くなっている。
もちろん、どちらもフルハイビジョンだ。
ちなみに42PZ80はウチの店では158000円までしか安く出来ない状況なので、
今現在、Amazonで139800円で買えるのはお得な方ではないかと思われる。

ちなみに、パナの液晶はSHARPやSONYと違い、「視野角が広い」「硬い」と変わった液晶パネルだ。
つまり、その他のメーカーでは逆が言えるということになる。
SHARPは確かに「日本一売れている」のだが、それは「液晶テレビ」限定での話しだ。
性能なんかはカタログを見れば分かるが、特に日本一のスペックというわけではないので要注意。
SHARPが言っている日本一の比較対照には、
42型以上はプラズマのみで液晶テレビを作っていない松下は含まれていないということになる。
SONYなどは海外に注力してるので、国内でのアピールは控えめだ。
ちなみにウチの店では37型の液晶で大人気なのはTH-L37G1だ。
パナソニック 37V型地上・BS・110度CSデジタルフルハイビジョン液晶テレビTHL37G1 TH-L37G1
映像はSHARPなど比較にならないほど明るくはっきり鮮明画像。
もちろんさっき言ったように視野角も非常に広く、パネルの耐久性も高い。
動画性能が抜群で、これは去年のプラズマ並となっている。
インターネットにつなぐとTUTAYAに行かずとも映画やドラマをレンタル感覚で鑑賞出来る、
アクトビラビデオ・フルにも対応。これがなかなかどうして結構便利。
リモコンの反応がとても軽快で、ストレスなく操作が出来る。ビエラリンクもばっちり。
大人気すぎてメーカーでも欠品中のため、2週間~1ヶ月ほど納期がかかる。
もし42型が置けなければ、現行機種ならばこれがイチ押しだろうなぁ。

■質問3 HDD内蔵テレビってどうよ?
結論から先に言うと、買うな。
いや、いいと思うさ。そのテレビデオ的な考え方は。
だが、機械好きに言わせると実にナンセンスな商品だ。
機械には2種類あって、それは「動く機械」と、「動かない機械」に分かれる。
テレビって言うのは「処理」が命なので、どちらかと言えば「動かない機械」だ。
まぁ、冷却ファンや電源ボタンなんかは置いておこう。単純運動だからな。
で、動かない機械ってのはその寿命が長いということに直結する。
ところが、HDDってのは不規則かつ激しい物理運動を繰り返す「動く機械」だ。
根本的に寿命が違いすぎる。一緒にするものではない。
各メーカーはこの件についてはこう回答する。
「HDD部分はブロック式なので、壊れたらそこだけ交換可能なので大丈夫」
これはどうだろう。今でこそ、HDDはお得な感じがするが数年後に壊れた後は?
4年や5年経てば、250GB程度の、それもHDDなんて過去のものだろう。
今安価だからとHDD内蔵テレビで済ませた人が、
いざ壊れた時に数万出して4~5年昔の規格のHDDだけなんて修理するだろうか。
それはもし私ならすごく悔しい思いになるだろうし、その頃になって後悔しかねない。
むしろそれならば、同じ額の上乗せでTV+ブルーレイレコーダーとかにした方が、
将来的には、素直に最新のものへの買い替えで済ますだろう。

では、なぜ最近このHDD内蔵が目立って売られているのか?って話になる。
このHDD内蔵を、普及クラスに導入している2社に注目して欲しい。
それは「東芝」と「日立」だ。
実はこの2社には量販店扱いの「ブルーレイディスクレコーダー」が無い。
正しくは、東芝は「HD-DVDがBD陣営に負けたのでBDは絶対に作らない」と言っていて、
日立については限定的に「一般個人家電店向けにパナのOEMで販売」しかしていない。
あくまでも、提供出来ない商品の代替案を、さも良いように見せている。
これがHDD内蔵テレビに対するわたしなりの考えだ。あくまで個人的な。

質問者は、将来的にブルーレイレコーダーを買う予定でいる。
となると、当然今の時代は「リンク」させて使うのがとても便利で、常識化している。
リンクの詳細については後述するが、
これを完全に捨て去る気持ちがあればHDD内蔵のテレビを買うといい。
ちなみにHDD内蔵テレビにも多少の違いがある。
今出しているのは3社。出した順に、日立、東芝、パナだ。
簡単に違いを説明しておく。
日立:唯一、録画後に編集が出来る。録画一覧でサムネイル一覧表示が可能。IVで増設が可能。
東芝:録画後の編集は不可。外付けUSBが使える機種もある。サーバーダビングが可能。
パナ:去年の最高級品+1テラのHDDという上位モデルのみ存在。編集は不可。

編集は不可、ってのが味噌。
パナ・東芝は撮りためると、レコーダーと違い選択削除とか出来ないので苦労する。
基本的にパナと東芝の一部のモデル以外は録画した動画をレコーダーに移してDISC化は絶望的。
撮れるのはあくまでテレビ番組なので、ビデオカメラからは取り込めない。

まぁ、安くていいんじゃないかな。そんな程度。

■質問4 ブルーレイレコーダー買うつもりなんで、ビエラリンクとかそういう観点からも以下略

ブルーレイは以外に知られていないが、メーカー間の違いが非常に大きい。
まぁ、売れ筋はパナ、次いソニー、3番手はSHARP、ちょっと変わって三菱、って感じか。

パナソニック:最も多機能で操作明快。オールインワン。ラインナップは容量の違いぐらい。
ソニー:シリーズごとに、X=観る、T=録る、A=持ち出す、L=取り込む と、方向性が定まっている人向け。
SHARP:唯一の利点は「データ放送も記録する」と言うことのみ。AQUOS人気のついでに売れている程度。
三菱:ラインナップは少ないが機能はそこそこ。唯一、CM自動カットが出来る。

待機電力消費がメーカー間で結構違う。家電店も首相もテレビばっか気にして、以外に盲点。
パナはとにかく省エネ。リンクで「こまめにオフ」対応テレビならさらに省エネ。
SONYは待機状態でもパナより数十W高い。
SHARPでも本体に「エコスイッチ」なる待機電力消費の減る緑色の物理スイッチを設けたが、
これをエコ側にしておくとほとんどの操作が出来なくなり、機能も働かなくなる。またの名を「電源」

あれができてこれが出来て、なんてのはカタログで分かるので割愛。
ご希望のリンクについて話をしてみよう。

まず、リンクはなんなのかって話から。
リンクをさせるには「HDMIケーブル」という特殊なケーブルが必要になる。
このHDMIは、1本で19ピン持っており、「映像」「音」「操作信号」を送ることが出来る。
一般的なリンクは、このHDMIケーブルを用いた操作信号のやり取りの事を言うが、
SDカードを媒体としたカメラ類との連動やLAN経由のセンサーカメラ・ドアホン連携なんかも含めて、
ビエラリンク、他社なら「なんたらリンク」と呼んでいたりする。
今回レコーダーなので、主にこのHDMI経由のリンクの話になるだろう。

HDMIケーブルで操作信号を送受信するには、「命令」を飛ばす必要がある。
これをHDMI-CEC(High Definition MultimediaInterface-Consumer Electronics Control)と呼ぶ。
これによってテレビのリモコンで操作できたり、電源の連動が可能になったりする。
この命令は、1機種がHDMIケーブルを使って送受信できる命令数に限界があり、
「基本命令セット」と「各社で自由に使っていい拡張領域」が存在する。
なお、HDMIにはバージョンがあるが、最新は1.3aだ。
基本に忠実に作っているメーカーの機器は、他メーカーでも連動が出来る部分があったりする。
例えばPanasonicのDIGAは日立やSHARPのテレビとかなりいい線の連動が可能だ
(日立に関しては、OEMで作っているからってのもある。)
が、独自拡張で補っている「TV側の番組表から録画予約」や「らくらくアイコンから録画一覧呼び出し」とか、
使っていない時に自動電源オフとなる「こまめにオフ」なんかは他社では動かない。
もちろん、番組キープ的な事も出来ないだろう。
出来るのは電源の連動や、レコーダーのスタートメニューの呼び出し、
そして再生中の簡易操作パネルの呼び出しぐらいだ。

自社同士のリンクってのはやっぱり強い。
例えばSONYなら、クロスメディアバーというPSPやPS3のようなメニュー画面で、
テレビもレコーダーも同一メニュー内で一連の流れの中で操作が可能になる。
SHARPならばテレビ側に1ボタンで録画出来る録画ボタンがついている。
パナ同士ならば、さっき書いたような事が可能になるわけだ。

ダブルチューナーモデルならば、
SONYは録画1と録画2で、出来ること、出来ないことをそれぞれ覚える必要があるが、
パナは重複する片方は圧縮不可(DR画質のみ)だってことだけ覚えればそれでいい。

ダビングをしている最中の動作制限は、
SHARPだとほとんど何も出来なくなるが、パナだと特に気にせず操作可能。

そういえばSONYやSHARPではDVDには旧来のDVD画質程度でしか入らないが、
パナソニックだけはDVDにもフルハイビジョンのままで最長2時間10分まで録画可能。

などなど、違いを挙げればキリがないか。

まぁ、ブルーレイについては見ての通り圧倒的にパナソニックのDIGAが有利だと思う。
当然、それが活かされるテレビは同じくPanasonicのVIERAってことになるが、
さっき書いたようにある程度の汎用性はあるので、テレビは好きなのでいいのではなかろうか。

リンクが簡単になった、動作が軽快、機能もUPってことで、
37v型VIERA+ブルーレイDIGAであればこの組み合わせが一番オススメ。


Panasonic DIGA 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンチューナー搭載 ブルーレイディスクレコーダー HDD320GB DMR-BW750
パナソニック (2009-02-01)
売り上げランキング: 3075
おすすめ度の平均: 4.0
4 コストパフォーマンスはいいと思います


どちらかというと今はパナ派の人間なんで、わたしなりに答えるならそんな感じかなぁ。


オマケ。

薄型化してて、その弊害でスピーカーが極小化した。今のテレビは正直、音が最悪だ。
もしシアターセットを持っていないなら、こういうものもある。
Panasonic 3.1ChシアターラックブラックHTR210K SC-HTR210-K
パナソニック
売り上げランキング: 49454

これならビエラリンクで連動ばっちり、テレビのスピーカー代わりに使えるし、
番組に合わせたモードに自動変更してくれる。
+3万円で、同じくパナ製のリアワイヤレスレシーバーとサラウンドスピーカーを購入すれば、
擬似ではない本物の5.1chによる立体音響も可能だ。
ちなみにこのワンランク下のサイズのHTR110ってのもあるが、
これが本来は37v型にちょうどいいのだが残念ながら2.1ch。拡張性がない。
まぁ将来的にもっと大型のテレビを置いてもいいだろうし、値段もHTR110と210はあまり変わらない。
音と将来性を考えてオススメしておくさ。

このほかに必要なものがあるとすれば、以下の通り。
■HDMIケーブル
→TV+レコーダーのみの場合、1本。
→TV+レコーダー+シアターラックの場合、2本
Panasonic HDMIケーブル(1.0m)ホワイト RP-CDHG10-W
パナソニック
売り上げランキング: 3848
おすすめ度の平均: 4.5
4 ネームバリューか
5 ハイビジョン・高画質が活きる
5 一番です。


光デジタルケーブル
→TV+レコーダーのみの場合、不要
→TV+レコーダー+シアターラックの場合のみ、1本
Panasonic 光デジタルケーブル(1.0m)ホワイト RP-CA2010-W
パナソニック
売り上げランキング: 25896


         
■BSを見る場合
アンテナがUHF+BSでMIXされているのであれば、再び分けねばならない。
→セパレーター(分波器)が1個必要となる
YAGI 屋内用CS・BS/U・V分波器入力F型 出力0.5mケーブル付 CBS50-B
八木アンテナ
売り上げランキング: 1134
おすすめ度の平均: 5.0
5 安心の八木でこの値段


→Panasonicのテレビにはアンテナケーブルが付属しないので、必要分用意する必要がある。
同じくパナのレコーダーには1本ついてくる。SONYのテレビなんかは同梱。

まぁそんな感じかなー。
偏っているし、記憶中心なので一部間違っている可能性もあるけれど、
その辺はもっと広い範囲から得た情報を参考に補ってもらえれば。
ちなみにヤマダやケーズはSHARPから「売っておくれー」と金をもらっているそうなので、
店員に聞いてもSHARP優先の回答が多いので要注意。
分からない事があればなんでもどうぞー。
お見積書

人気ブログランキングへ

ジャンル : 趣味・実用

テーマ : デジタル家電・AV機器

パナソニックの最新薄型ネオ・プラズマ「Z1」を展示してきた

ついに展示解禁となったので、巷で噂の超薄型プラズマテレビが設置された。
今回設置したのは50v型の「TH-P50Z1」と新しいサイズ規格の54v型「TH-P54Z1
」の2台だ。

TH-P50Z1の方は壁寄せスタンドでの展示、TH-P54Z1は壁掛けタイプでの展示で、
わたしは今日はこれをお手伝いしてきたのだ。
場所作りも含めて、この2台の展示・演出だけで丸半日かかってしまった。

で、いざ実物を見てみると、こりゃー薄い。
1インチという表現通りというか、これだけ薄いと不安になるぐらい薄い。
でも液晶とは違って、プラズマのパネルは強化ガラスだ。やはり硬い。
SHARPのLEDのアレなんかとは全然違い、実際に触った時の不安感は無かった。

壁掛けすると、必然的に水平方向に首を振ることは出来なくなる。
これは液晶の弱点である「視野角が狭い」のダメージが大きく、
これまでは「薄いから壁掛けは液晶」ということで壁掛け派の皆様が液晶を選択し、
「家族では映像の感想が不平等になってしまう」というご意見だったところ、
今回のZ1ならば、「薄くて、どこから見ても平等な画質」という、
これまでにない、とても素晴らしい商品になったと思う。

セパレートタイプというものになったわけだが、他社のセパレートタイプ同様に無線接続が可能だ。
あ、ちなみにセパレートタイプっていうのは、通常画面の後ろに詰め込まれてるチューナーなどの機械を、
別ユニットとしてどっかに設置してもらうことで画面側を薄くしたモデルのことを言う。
で、他社の無線と大きく違うのは「画質を損なわないままで転送可能」という点だ。
実は、他社ではチューナーから無線で映像を飛ばすと画質が落とされている。
この事は案外知られていない。
ところが、今回のパナソニックの無線方式だと、高画質なままで転送可能なのだ。
で、SONYや日立のように途中に障害物があると途切れる・・・というのもほとんど無い。
なんでも、障害物があると電波がそれを迂回するという技術が使われているんだとか。
もはや魔法である。説明の図を見せてもらったが、「マッガーレ」としか言いようがなかった。

従来のパナ製品の弱点とも言われていた、リモコンのレスポンスも改善されている。
他のネオ・プラズマ商品にも共通して言えることなのだが、
とにかく反応が速い。ビクーリするほど速い。気持ちイイほど動く。
逆に、これを触った後だと旧商品のもっさり感が異様に目立ってしまう。
接客の時は要注意だな・・・w
ボタン配置も改良されているので、新規に追加になったボタンでビエラリンクも便利になった。
これまではちょっと大変だった、テレビのリモコンからの録画一覧へのアクセスなんかも一発だ。

そういえば、今回のZ1だけはリモコンも無線方式を採用している。
SONY、そしてSHARPと無線方式を採用してきたが、ついにパナソニックも採用されたわけだ。
癖で画面に向けてしまうのはご愛嬌。
設置設定でのリモコン登録作業が追加されたが、
初回電源投入後、画面の指示に従って、「決定」+「1」数秒同時押しをするだけと簡単設定だ。
もちろんさっき書いたように反応はイイ。隣の機種と同時に操作してみたが、混線もなかった。

PioneerのKUROで培われた技術も採用されてきているそうで、
画面は去年よりさらに低反射かつコントラスト透過性のいいものとなっている。
ネオ・プラズマになってから向上した明るさのおかげもあってか、
もはやこれまでのように反射を「プラズマの大きな弱点」などと言うものはいないだろう。
むしろ、「プラズマは反射があるからダメだ」なんて言ったら時代遅れになってしまう。
何故なら、今回東芝が液晶の上位機種で反射のあるグレア(光沢)パネルを採用しているからだ。
光沢パネルは反射が大きくなる代わりに従来の拡散反射パネルよりもコントラスト性能がいい。
これまでは完全な光沢パネルは三菱のREALだけが採用していたが、
東芝は「ちょっと光沢気味」なハーフグレアパネルに留めていた。
実は今、液晶テレビ業界は今後の方向性を、光沢アリにするかしないかで迷っているのだ。
で、今回の新モデルで東芝は初めて光沢パネルを搭載することとなったわけだ。
凶と出るか吉と出るか。まぁ、画質はプラズマとは比べるまでもないのだが。

音に関しては、薄型とは言えそんなに悪くない。
一般的な薄型テレビだと、ブラウン管時代に比べてスピーカーも小さくなっているため、
全体的に軽い音になりがちなのだが、これはちょっと違う。
というのも、実はこのZシリーズ、外付けサイドスピーカーを採用しているのだ。
これによって場所は横に大きく取らなきゃいけなくなっているのだが、
その分レンジの広い音を聞くことが出来る。
まぁ、迫力があるというほどではないが、台詞なんかはそんなに聞き取りづらくなかった。

で、それでも音が寂しい人には、同時発売の無線式シアタースピーカー、
パナソニック ワイヤレスシアター SC-ZT1-Sがオススメとなる。
パナソニック ワイヤレスシアター SC-ZT1-S
こっちは見た目は細いがなかなかどうして迫力のある音が出る。
もちろん迫力だけではない。普段のテレビの視聴も自然で快適だ。
音の伝送も無線方式となっており、壁周りが文字通りスッキリとなる。
高級感溢れるメタリックなデザインはちょっと好み。
もちろんビエラリンク対応なので、テレビのリモコンで普通に操作出来る。
設定次第では、テレビの電源を立ち上げた時にデフォルトでこれから音が出るようにすることも可能。

総じて、悪くない。いや、むしろいい。
なお、シアタールームなどで画質を追求するのであればTH-P50V1などのVシリーズがオススメ。
パナソニック 50V型地上・BS・110度CSデジタルフルハイビジョンプラズマテレビ(ブラック)THP50V1 TH-P50V1
V1ならば、家庭用としては初めて、映画館と100%同様の色調が再現出来るテレビなのだ。
とはいえ、Z1はリビングに置くファミリー向けのものとしては非常にいいコンセプトだ。
薄型を壁に寄せたり掛けたりすれば、部屋も広く使える。
家族全員で鑑賞しても、斜めから観ているものが見えづらくて不平等、などということもなく、
無線式なので広い部屋で赤外線が反応しない、的に当らない、なんてこともない。
そしてネオ・プラズマ最大の利点とも言える、従来のプラズマの半分程度の電力消費。
そう、省エネなのは、大事なことだ。長時間使われるメインのテレビには最適なのである。

ちなみによく受ける質問があるのでここで答えておく。
今現時点で、液晶テレビとプラズマテレビではどちらが長持ちするか、という質問なのだが、
ほとんどの場合、プラズマの方が長持ちするだろう、という答えになる。
パネル寿命は、一般的な液晶ならば約60,000時間。プラズマならば約100,000時間だ。
これは「標準画質」で「画面の明るさが半減するまで」を言う。
液晶ならばバックライトの寿命ということになるが、
よく「バックライトが交換できるから液晶の方がいい」と聞くがありゃ間違いだ。
バックライトだけで映像を作っているわけではなく、カラーフィルターだって劣化する。
それに、バックライト交換ってめっちゃ金かかるんだZE。
当然、どちらにも言える事ではあるが、
画面の明るさが標準画質以上に明るい場合や、
オンオフを頻繁に行った場合はもっと寿命が短くなる。
特に液晶テレビの場合、電源オン時にかかる負荷は約1時間見続けるのとほぼ同等なのだ。
天井の蛍光灯にも同じことが言えるのだが。
知ったかで省エネの為にと、つけたり消したり繰り返していると、寿命が縮んでしまうってこった。

長らくブラウン管最強神話があったが、最近のプラズマテレビは本当に綺麗だと思う。
今回のZ1も、既に出ているV1やG1も非常にオススメなので、
興味のある方は是非観てみるといい。
人気ブログランキングへ

ジャンル : 趣味・実用

テーマ : デジタル家電・AV機器

タグ : プラズマテレビ

泣いた

今更だけど遅れて"コードギアス"をR2まで全話鑑賞完了。
アニメで泣いたのは久々だな。
ルルーシュに感情移入しすぎたか?

人前での口調の一部や思考が似ているのだろうな。
そうそう、わたしは将棋好きだが、彼はチェスが好きだったか。
まぁ、ギアスなどという能力はわたしには無いがな。

成長していく「黒の騎士団」を見ていたら、何故かFMO時代のLEGIONを思い出した。
写真を数枚貼っておこう。
これも今や、記憶にしか残らない思い出か。

ss004.jpg
これは現場で直接指揮を執っていたLEGION直轄+協力部隊による混合編成部隊。
手前の黒い、左手挙げてるジャマーが私だな。
なお、自部隊のボディ色は後半は統一していたが、
黒ボディに黄色ラインの時代と、黒一色の時代がある。
これは混合部隊なので、色が混ざっているが、どれも各部隊リーダー級の人達だ。

ss038.jpg
最終的にはこの倍以上の人数になったが、LEGIONの集合写真はこれが最初で、最後。
当然中央が私の操っていたキャラだ。この写真のほとんどの人は、キャラ名の一部がLEGIONとなっている。

自らも戦場にいながら、複数台のPCなどを用いて別戦場の別部隊にも指揮系統を作り、
同時刻、別の場所を同時進行で作戦展開していたものだ。
進軍ルートの選択が、大部隊を指揮出来ることで自在になってくると、
アクションゲームが将棋のような盤上の思考ゲームのように思えてきたのを覚えている。

あの戦場で、成すべきことは全てやった。
反感を買った、WBE上での隊員に対する公開処罰も、突然の部隊の解散や復活も計画通り。
全てはその後に計画していた「事」を成すためのデモンストレーション。
敵味方、多くの部隊を裏で巻き込み、時に演説をし、謀り、騙し、躍らせて、
最終的に、あの世界の戦況を一時期とはいえ半ば思い通りに操っていたのは、
今思えばある意味私の黒歴史だな。

現実の世界にはそりゃ不満はいっぱいあるが、
こういうことを現実世界でやってもアニメのように成功するとは思えん。
というかそんなことをやったら文字通りの犯罪者だ。
だからゲームでシミュレーションするしかないのだろう。平和的ストレス解消じゃないか。

とまぁ、コードギアスを見てたら色々思い出した。
元来、私はこういうのが好きなんだろう。だが最近は余裕の無い生活だからな。
折角だし、ルルーシュを見習ってチェスの勉強でもするかな。将棋よりずっと簡単そうだ。
ただ、対戦相手には困りそうだが。

"我が名はAlvacore・Legion。我、始まりにして中核を成す者なり"・・・か。
昔の私は、我ながら面白い名乗りを上げたものだ。
人気ブログランキングへ

皆様にご連絡

えー、どうやらわたくし、PHSからのメールが送信出来ていなかったようです。
まぁそもそも、そんなにヒトからPHSにメールをもらうこと自体が滅多にないのですが、
昨夜気づきました。送った後に実はエラーが出ていたらしく、送信出来ていないのです。
しかも送信後のメールボックスには何も保存されていなかったもんだから、
何がどこまで送れたのかとか、いつからの話なのかさっぱり分かりません。

で、色々と頑張っているのですが、復旧は難しいようです。
システムの完全リカバリしか手はないみたいです。
このPHS、アドエスのバックアップを取ったりなんだりと時間がかかりますので、
そこまでやるならとついでに外装の修理をこの機会に頼んでしまおうかとも考えてます。
今週末も最近の流れどーり、お休み返上でぶっ続け勤務になりましたので、
修理に出すのは来週火曜辺りになるかもです。
予備機貸し出しはあるだろうけれど、どれだけ使えるものやら。
メールが送信出来る状態になるのは正直いつになるか分かりません。

ちなみに、メールの受信もどこまで出来ているか分かりません。
普通に受信出来ているんじゃないかとは思うのだけれども、この調子ですからねぇ。
大事な用件がある方は、前から言っているように電話でお願いします。そのための電話機です。
ってか、文章より声の方がちゃんと伝わりますから。

あ、ちなみに電話の音声通話もちょっと調子が悪いので、
相手の声がロボ声に聞こえる事が多いです。
まぁその時はかけなおせば直る事も多いので。

周りにも伝えておいてもらえれば助かります。
お手数おかけしますです。ご配慮ヨロシクお願い致します。
人気ブログランキングへ

生きる意味

生きる意味を問われたが、愚問だな。
CIMG0016.jpg

「なぜ」自分が生きているのかなんて、誰一人分からんさ。
何しろ、ヒトは自分の意思で生まれてきてすらいないのだから。
生まれたばかりの赤ちゃんが、
「なぜ自分は生まれて、これから生きるのか」なんて考えているハズもなかろう。
最初からヒトは、意味もなく生まれてきている。そして生きる。そして死に逝く。

どんな有名な権力者だろうと、そこらに転がっている浮浪者だろうと、
生きるっちゅーのは全てにおいて平等だ。
そう、生まれてしまえば。

残念ながら、生まれてこれなかった命だって沢山ある。
生まれたとしても、人間が成人するまでに生きられる可能性ってのは案外低い。
つまり、我々の得られた「平等な生」ってのは、貴重な生でもある。
「生きる」のは平等でも、「生を受ける」のは不平等ってことだな。
そして、「死」も不平等だ。
死にたきゃ死ねる。でも、死にたくなくっても、死ぬときは、死ぬ。

貴重な命だが、残念ながら期間限定だ。それも、短い。
もったいないから生きる、ただそれだけかもしれない。
どーせ短い命だが、80年前後ぐらいは生きられるかもしれない。
でも、わたしや相談者はまだそのうちの1/4も生きていないだろう。

理由なく与えられた、貴重なる最初で最後のチャンス。それが「生」だ。
なのに、たかだか二十数年程度で今現状に不満があるからと無駄に手放してはもったいない。
残り時間だってわずか数十年だ。
この時間が「なぜ」与えられたかなんて分からんし、そもそも理由が無いならば、
そんなもんは自分で今からでも作ればいいだけさ。
で、それは「理由」じゃなくて「目標」でもいいだろうし、
いやむしろ、そのどちらも必ずしも必須なものではなく、
ただ時の流れをゆるりと見つめ続けるだけでもいいんじゃないか?と思う。

まー、確かに色々考えてしまうのも分かる。状況や立場で、生に向き合う思考は変化する。
辛かったり、孤独だったりすると特に、見解が狭くなりがちだ。
他に見るものがなく、他から与えられる情報が少なくなると、
必然的に「自分」ばかりが見えてしまう。「自分」しか見えなくなる。

んでも、だ。世界は、広い。
私たちには、まだまだ触れてないものがあるハズだ。
テレビや新聞、本などで知ったつもりでいても、おそらく世界の片鱗ほども見えてないだろうよ。

自分、街、職場、だけが世界じゃない。そこに生きる意味を見出そうったって無茶な話だ。
決まりきった知人関係だけでは得られる人生だって限られてしまう。
そもそも、狭い状況から「与えられる」生き方や理由、
そして狭い目標なんて人生とは呼ばないのではないか。私は呼びたくないな。

両手を見てみたらいい。

そこにあるのは、これまでの自分の人生を作ってきた立派な手だ。
今一度、自ずからその両手を広げ、己が言う「人生」とやらを掴み取ってみたらいい。
始まりは、誰だって無だ。0からスタートするものだ。

何も無いから、探しに行くのさ。別に見つからなくたっていいじゃないか。
その探す過程だって、人生なんだから。

ちなみに、私の生きる理由はとってもシンプルだ。
「死ぬ事で得られるものなど無いから」生きる。これ以上に、どんな理由があろうか。

単純すぎて分かりにくいか。
つまり、反面、生きるってのは、何かを得続けているってこった。
今はそりゃ辛い時期だけど(いつもどん底だねwと言われるけれど)、
そんな状況でも私は何かを得ようと毎日手を伸ばすことを楽しんでいる。
ギリギリの体力、生活、金銭状況なのは間違いないが、
自分が望んでいるからこそ、新しい出会いや新しい世界が次々に得られている。

最近、他人の生き方を見ていると、ふと、思うことがある。

私は私で、誰もが同じ考え方、生き方ができるわけじゃないだろうが、
なんか多くのヒトが切羽詰った生き方をしているなぁと感じる。
自分のペースで歩いているというよりは、背中を押されてダッシュしているようにも見え、
人生の理由やその目標を聞かされれば、それは明らかに親や学校や職場の影響が大きい。
浮き沈みが激しいヒトが多く、それは、
本人の思い通りに生きることが出来ていないからのように思える。
人生が期間限定であることは当然理解していて、
背中を押されて生きる事が「もったいない」事だと感じているのだろう。

もっと気楽に、もっと自分のペースで、人生を楽しんだらいいのに、と感じてしまう。
ああ、「それがやりたくても出来ないんだよ」なんて言われてしまうかもしれないか。

・・・んー、そりゃ気持ちの持ちようだ。うん。

人気ブログランキングへ

疲れてるのかなぁっていうか疲れてる

一昨日、冷凍したはずが行方不明だった。

封印されたご飯たちが電子レンジからコンニチワした件について。
人気ブログランキングへ

うっぎゃぁぁぁっぁああっ

み”ッ!!!


味噌おにぎりッ!!!!

握ってててててててて

目がッ!目が痒くてててっ

コスコスコスここsこ


ウニャアアアアアアアッ!!!!!
人気ブログランキングへ

ブログ閲覧者は携帯電話ユーザーが非常に多い。

このところ、ブログの記事でも書いていたように、
こことか流行通(転売情報ブログね)の方とかのデザイン変更やってたわけなのだが、
アクセス解析をぼーっと眺めていたら、案外携帯ユーザーの方が多いわけで、
はてさて、最近やっていたことはPCユーザーしか恩恵が得られないじゃないか!
というわけである。どういうわけか。

つまり、アレだ。
私はケータイってのは持っていないって話に流れてしまうのだが、
延々昔からWillcomのPHS1本ユーザーの私は、
一般的に言われるケータイサイトって奴を見たことがないのだ。
PHSではほとんどのケータイ用サイトへのアクセスが出来ないし、
メルマガですら弾かれてしまう。
よく「登録する方はメールを送信」ってあるじゃん?
PHSから登録しようとメールを送ると、「PCじゃなくて携帯電話からよろ」って出るのだ。
結構あれはショックだぞ。

なもんで、ブログなんかも「ケータイ向け」のページはどういうもんかわからんし、
最近流行りのモバゲーなんかもさっぱりだ。
あ、最近PCからも見れるんだっけ?
mixiはかろうじてWillcomからもモバイル参戦可能だが、
メッセージの受信メールとかからダイレクトにジャンプすると、
何故かモバイルページではなくPC向けページに飛んでしまうため、
いちいち重たいブラウザを開いて、ログインして、メッセージを探して・・・となるため時間がかかる。
メッセージのやり取りは恐ろしくわずらわしい。ケータイユーザーのように楽じゃない。

まぁ、モバイルサイトよりPC向けのサイトを見ることの方が明らかに多いし、
やっぱりPHSならではの上品な音声品質での無料通話は貴重だ。
とりあえずしばらくは現状維持で行くんがな。

さて、話は完全にそれたんで戻すが、ブログはモバイルから閲覧してる人が多いってんだから、
だいぶPC向けのカスタマイズは片付いた感じがするのでモバイル版をいじってみたいと思う。
自分はケータイ持ってないので、docomoとかから提供されてる無料のシミュレータを使うとしよう。

ちなみに、狩猟ノートへのアクセス履歴から閲覧者の利用ドメインを調べてみると、
1位: ezweb.ne.jp 30%
2位: ocn.ne.jp 10.7%
3位:docomo.ne.jp 8.7%
(1月1日~本日までの約3ヶ月間、パーセンテージは全体数に対する割合)となっている。
auが圧倒的すぐる。
このブログは、ページ閲覧数の約70%が新規来訪者によるものなので、
まさか残りの30%全部が同じリピーター1個人で、その人がau使っているってことではなさそうだ。
パソコン使っている人ではocnがトップだってのはすごーく普通の話だな。

っちゅーことで、auを持ってる人、
この狩猟ノートやさっきの流行通を見た時の感想とか、
ここをこーした方がいいとか読みにくいだとか、
こういう機能は搭載できないか?といったものがあれば、
是非是非コメントでもなんでもいいので教えていただきたい。
参考までに。うん。
人気ブログランキングへ

ブログの外観チェンジ

だいぶこのブログの記事も溜まってきて、
動作が重くなってきたような気がするのでそのデザインをシンプルなものに変更した。

ついでに色々と無くなってるのは秘密だ。気のせいだ。どうせまた増える。

で、今回の着眼点。

シンプルながらも、さらなるアクセスアップを無意味に狙うべく、
ジャンル、テーマ、タグなどのキーワードがより多く記事に組み込まれるテンプレートを選択。
さらにこれをカスタマイズして、さらにキーワードが頻出するようにした。

せっかくなのでブログランキングも1箇所→4箇所に増加。記事末端にも改めて設置。
左カラムの順番を変更して、記事へのアクセスを集中してページトップ側へ移動。

ちなみに、記事内に「関連記事」が表示されるようにしたいのだが、動かない。何故だ。

で、今後の注意点。
記事を書いたら、ちゃんとタグを打っていく。
本文の内容に即した、キーワードを含むタイトルにする。

流行通の方も合わせてカスタマイズしたので一件落着。
さて、今度は何をどうしよう。
人気ブログランキングへ

ジャンル : ブログ

テーマ : FC2テンプレート

PCV-RX55にATX電源を搭載してみた(後編)

PCV-RX55にATX電源を搭載してみた(前編)の続き。

~ここまでのあらすじ~

「お前を信じる俺を信じろ!」アニキの言葉を胸に、アルヴァはドリルに全てを懸ける!
襲い来る鉄粉、飛び散る血飛沫(ちょっと怪我した)、唸るドリルが電源ケースを貫き踊る!
そして新たな力を得て甦る、伝説のPCV-RX55・・・。
この戦いの先に、一体何が待ち受けるのか。


ということで続き。
電源自体の改造は終わったわけだが、
実はこのままでは搭載は不可能だ。
どーゆーことかというと、電源自体が元のものよりでか過ぎるのだ。
そのままではケースの内部に干渉してしまう。
そこで、干渉する部分を切り取ったり曲げたりして回避することにする。
13.jpg
搭載するとこんな感じ。
干渉していたのは、電源ユニット右下の切り欠きあたりに突き出ていた1cm四方の爪部分だ。
このケースとマザーボードはmicroATX規格なので、電源が異様にでかく見える。
とりあえず、これにて電源の搭載は無事に終了となる。
ちなみに配線関係にも独自規格が満載なので注意してほしい。
デフォルトの電源を外すと、F1を押さないと起動しなくなる可能性が高い。
回避方法は無いことはないが、結線配列の改造が必要になる。
それ以前に、今回の電源の場合はそもそもそれが出来ないタイプだったりする。
まぁここは人とパーツによってまちまちだろうから、適当に頑張っておくれ。
14.jpg
ふと天蓋を開けてみると、ものすごくすっきりして見える・・・。
下はごちゃごちゃしてるのに、この空間・・・何か詰め込みたくなるw
・・・そういえばこのPCって、この天井裏以外には全く隙間が無い。
ケースファン取り付け部分もなければ、通気穴も無い。
この天井部分のバックパネルに通気穴があるだけだ。しかし、このサイズ・・・。
15.jpg
「お?ぴったり♪」
なんと、8cmファンがまるで計ったかのようにぴったり収まるではないか。
特に固定せずとも、ガタつかないほどぴったりだ。もちろん横にはスライドするが。
ネジ穴は無いので、ここに直接両面テープで取り付けることに。
電源を取って、ケースファンの完成だ。これで上からの排熱もばっちりだろう。
しかしここまでぴったりだと、疑りたくもなる。
当初の設計では、ここにケースファンを取り付ける計画でもあったのではなかろうか。
16.jpg
電源がでかくなったことで届かなくなったサウンドケーブルを長いものに交換し、
これにて組み上げ完了。
ちなみに現在の構成は、

マザーボード:購入当時のまま
CPUとCPUファン:購入当時のまま。Pen4の1.7GHz。
HDD:高速・静音大容量2個に換装済み
メモリ:520MB×2枚。
[AGPスロット]
グラフィックボード:GeForce FX5950 Ultra、2スロット占有。冬は寒さで動かなくなる(仕様)。
[PCIスロット]
サウンドボード:5.1ch出力可能な程度の能力
USB2.0×4(内部+1)のボード
狭くてあとなにも積めない。

購入当初はあったが今無いもの。
・PCカードスロットのところはもぬけの空。
・RXの顔とも言えるキャプチャーボードは外してある。
・リカバリディスクとOSの利用権利(もはやVAIOとして認識されていないw)
・騒音

完成したところで蓋をして、パソコンデスクからテーブルに下ろして、
あぐらでパソコンが出きる状態に移行。
テレビが見えにくいけど、まぁいいかw
さて、今回使った道具の皆さんをご紹介しよう。
17.jpg
左から順番に・・・
1:はさみ。10年以上研ぎつつ使っている愛用品。プラスチックぐらいならバッサリいけます。
2:カッターナイフ。カッターはOLFAしか使いません!w
3:ペンチ。どこからどう見てもペンチ。曲げたりつかんだり・・・。
4:ワイヤーブラシ。部品に付着した鉄粉などをこすり落とすのに便利。
5:プラスドライバー。10年以上使ってるこれまた愛用品。
6:金属用ヤスリ。鉄だろうがなんだろうがゴリゴリスリスリ擦っちゃいます。
7:ハンドドリル。電源要らずで超便利。刃の着脱時に回すところによく指を挟のが玉に瑕。
8:上、両面テープ。下、ドリルの鉄鋼用刃。刃はこういうセットがお買い得だーよ。
9:金属用カッター。ニッパーじゃない。この大きさなら、PCケースなんぞ一刀両断。
10:上、防振PC用ネジセット。下、ケーブルタイの皆さん。

工具&道具の皆さん、お疲れ様でした。またよろしくお願いします。

18.jpg

っちゅーことで終了。ゲームでもすべぇ。
ちなみPC用USBコントローラーではなくて、PS2のコントローラーを使っていたり。
変換アダプターはELECOMのJC-PS101U使ってます。
ELECOM USBtoPS/PS2ゲームパッドコンバータ JC-PS101UBK
秒間60コマでの入力が出きる変換機の1つですので、めっちゃスムーズ。。
下手なUSBコントローラー買うよりずっとお得で便利。
しかもお値段が安い!Amazonでは今、半額近くで売ってます。激安です。

さぁ、今度はお金をためて、マザーボードとCPUの交換だなっ!
RX55君には、まだまだ付き合ってもらうとしようか。
人気ブログランキングへ

ジャンル : コンピュータ

テーマ : 自作・改造

タグ : VAIO RX55 パソコン 改造 自作

PCV-RX55にATX電源を搭載してみた(前編)

PCV-RX55をご存知だろうか。VAIOのデスクトップ機だ
発売は2002年の1月と、非常に古い。初期のPEN4搭載で、WindowsXPがやっと動くような奴だ。
詳しく知りたい人は→こちら

で、これが我が家で今一番使われているPCであり、今もなお、良き相棒なのだが・・・
いかんせん、発売以来7年という長い時代を経て、そろそろあちこち草臥れてきた。
もちろんこれまでも、次々にパーツは駄目になったり、時代遅れで交換していったりと、
カスタマイズし続けてきたからこそ今も使えているのだ。
もちろんこの子は、ゲーム機であったり、3DCGや音楽作成といった汎用機として活躍している。
事務用、インターネット専用なんかとはわけが違う。パワーがいる。
そこで年内にこの子のマザーボードを交換することを目標として、
まずは電源を交換することにした。
なぜ電源か?実はRXシリーズは、この電源ユニットが改造で一番のネックになるのだ。

RXシリーズの電源は、日本国内ではほとんど目にすることの無い、規格で作られている。
その独自規格っぽい電源を、ケース側は一般的なATXサイズのバックパネル開放口に、
これまたオリジナルな固定方法で止められている。
デフォルトではたったの150W電源となっているため、
今のグラボへの交換やHDDの増設をすると、あっという間に電源が足りなくなってしまう。
今回のメインは、その電源の交換への挑戦だ。

新しいPC買ったほうがいいんじゃないかと思ったキミには分からない世界さ(^ω^)

さて、写真が大量にあるので、続きは↓
人気ブログランキングへ

続きを読む »

ジャンル : コンピュータ

テーマ : ハードウェア

タグ : パソコン 改造 自作 VAIO RX55

複数名によるブログ管理とその恩恵・・・

ちょっと思ったんだけどさ。
ブログを複数名で管理しちゃうっての、どう思う?

そういうシステムは既存のもので作れるんだよ。前に試験運用したことはある。
複数のIDでログインして、メンバーそれぞれが同じブログに自分の名義で記事を投稿出来るって奴ね。
で、この利点を考えていた。

まず、なぜこれを使う必要があるのかを考える。
日記なら、まんず、いらないシステムだよな。
となると、同じ趣味の話を提示するブログか、
なんらかの形で、各々の記事が直接儲けにつなげられるブログってことになる。

複数名で管理することで記事の投稿頻度が増えるということは、
それだけアクセスが稼げるってことだ。
また、1人では得られない情報量を確保できる。
その気になれば、活動時間帯の違うメンバーで構成することで、
1日中更新のあるブログも作れるわな。

例えばほら、今わたしがやっている他のブログ群の中に、
最近手がけているコレがあるじゃないか。
このブログの真意はというと、私が転売することにあるわけじゃない。
このブログを通じて、転売屋や、転売される前に商品をゲットしたい人に買ってもらって、
そのアフィリエイト収益をもらっちゃおうって趣旨のサイトである。

もしもだよ、これを複数人数で書いてみたらどうだろう。
いや、実際にそうやって運用しているブログが存在するのは知っているんだけどね。
そこでは普通のブログを用いているのでいわゆるアカウント共用という形を取っていて、
誰がその記事を書いたかまでは分からず、
アフィリエイトの収益も同一アカウントで回収することで分配していると思われるのさ。

しかしこのやり方だと、収益の均等分配では難しいよな。
こういうときこそ、複数アカウントで管理出来るブログの出番じゃなかろうか。
それぞれがそれぞれの名義で責任を持って記事を書く。
RSSなどを通じては、1つのブログとして認識されるので、
更新頻度は通常のものよりもずっと上がる事になる。
それでいて、「誰がどの記事を書いたのか」が明確になるので、
読み手としても
「お、今回はこの人の分かりやすい記事か。ちょっと読んでみよう。」
「ああ、これはあの人が書いてるんだな。趣味が合わないからいいや」
といった感覚で楽しめる。

で、アフィリエイトをするのであれば、そのIDは各々で分けるべきか?
という点に注目してみる。
アフィリエイトの収益は、クリック率や購入率なんかで上昇幅が変わる。
もちろん、多ければ多いほど収益に繋がるわけで、
注目度によっては、共用分配の方が効率はいいかもしれない。
ただ、それだと、あまり記事を書かない人が得をしてしまうし、
記事で取り上げる商材にも当たり外れがあるわけで、
その選別の目利きの能力分配が出来なくなってしまう。
となれば、後から変なトラブルを避けようと思えば、
個々にIDを取得して、それぞれが収益をもらえばいいんじゃなかろうかと思ってしまう。

ただし、記事毎のものはいいとしても、
ブログにはブログパーツやウィジェットなどが置けるので、
それから発生する報酬をどうしようかという話になる。
まぁ、この辺は、自分の鯖で管理するから~ってことでCGIを置いている管理費用として、
場を提供する人間がもらってもいいと思うけれど。

ちなみに現時点で、さっきの転売系ブログを含めて、
おなじように商品紹介系のブログだけで得られている収益の合計は、
Amazon+楽天で大体1ヶ月に平均して2000円ってところだ。
多いときだと1万いくが、外れりゃ1000円ってところか。安定収入なんて無理だなぁ。
まぁ、ブログは過去の資産が少しは生かせるので、平均最低額はちょっとづつ増えてるのだけれど。

ブログのアクセスアップは記事の更新頻度と人気商品・人気ワードをいかに扱っているかにある。
ちょいとこの、「複数名で管理」ってのは面白いんじゃないかと思う。
むしろ、朝から晩までをフルサポート出来る情報系ブログとかが出来るなら、
本気で取り組めば凄い情報量になるだろ?これ。

まぁ、ちょっと思いついたことであり、提案でした。
この記事で他に提案があるだとか、やってみたい!と思う人がいたら、
わたし宛の直通コメントで連絡していただければ。
他にやる人がいればやりますよ。面白そうだもの。

さて、今宵は発熱中なので、これにて。
さっきまでうなされてたクセに、そういう時ばかり変なこと思いつくのな、自分w
人気ブログランキングへ

ジャンル : ブログ

テーマ : つぶやき

タグ : 儲け 転売 オークション 小遣い稼ぎ ブログ

夜行性の仲間達

私のマイミクの半分ぐらいは、
01時~04時ぐらいに集中して、
日記やコミュに書き込みをしている。
そしてご丁寧にチェックするのでこんな時間に忙しい。
見逃すと、朝は弱いのでチェックが次の夜になっちゃうからねぇ。

みんな、早く寝ようぜw

で、思う。
ネットの普及がもたらした「これ」は、
まるで隣にでも行るかのような感覚なんだな。
だが、そこに書かれているのが真実なのか全てなのかどうかは別だ。
伝えたい相手が(特定の場合を除き)特定されるわけでもなく、
また、相手がこれを読もうと自ずから動かなければ、
このコミュニケーションは実現しない。
これもまた面白い。

そういえば今日の天気は曇りのちミサイルだったな。

あ、新聞屋が来た。
このアパートで読売とってるのは私だけらしい。

さて寝よう。おやすー。

----
sent from W-ZERO3
人気ブログランキングへ

タグ : 日記 mixi インターネット

八神はやて

のんびり観てた「リリカルなのは」だが、やっとStrikersを観てる。
そうだねぇ、主要キャラの中では"八神はやて"派かなぁ。
"なのは"、"フェイト"の二人はわたしの好みではないな。
ってか"はやて"は昔知ってた知人に雰囲気が似ている。

そういえばフィギュア
魔法少女リリカルなのはStrikers 八神はやて  (1/7スケールPVC塗装済み完成品)
Amazonで在庫復活中の模様。現時点で4点と非常に少ない。

人気ブログランキングへ

タグ : リリカルなのは Strikers 八神はやて フィギュア

困った国だ。

さっきテレビ(ニュースZERO)で、
ミサイルはやっぱり衛星積んだロケットかもしれないって政府高官が言ってたよ♪」
って言ってた。ここにきてそれは無いわ。まぢで。

本日3月31日にあった北朝鮮ミサイル関連報道をまとめてみる。

ミサイル発射控え「戦争前夜」=緊迫の北朝鮮-韓国支援団体
http://www.jiji.com/jc/zc?k=200903/2009033100992&rel=m&g=int

 【ソウル31日時事】韓国の対北朝鮮人道支援団体「良き友達」は31日発行のニュースレターで、北朝鮮は「人工衛星」と称した長距離弾道ミサイルの発射を控え、緊迫した空気に包まれていると伝えた。
 それによると、民間兵力に当たる労農赤衛隊のほか、地方軍や予備役も「戦闘準備」に入ったほか、男性は基本的に移動が禁じられ、人民軍兵士も外出が認められていないという。
 北朝鮮政府当局者は地方の幹部らに対し、発射前の「緊張した情勢」を説明している。
 平壌北方の平城市に住む40代男性は「戦争前夜のようだ」と話している。(2009/03/31-19:33)



今回のテポドン2号は3段式ミサイル
http://japan.dailynk.com/japanese/read.php?cataId=nk00100&num=4728

アメリカのシンクタンク「科学・国際安全保障研究所」(以下、ISIS)は、北朝鮮が咸鏡北道・花台郡・舞水端里(ハムギョンプクド・ファデグン・ムスダンリ)のミサイル発射施設に設置したロケットは3段式ミサイルのようだと30日に発表した。

ISISは30日に、27日(現地時間)の午前11時に撮影された発射台のミサイルの最新の衛星写真を公開した。また、長距離弾道ミサイルであるテポドン2号と見られる、細長い円筒形の物体がミサイルであることは確かだと発表した。 (以下略)



北、中・短距離ミサイルも準備 テポドン直後に発射か
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090329/plc0903290112001-n1.htm

 北朝鮮が「人工衛星」と主張して「テポドン2号」改良型とみられる長距離弾道ミサイルの発射準備を進めている問題で、この発射計画とは別に、北朝鮮が日本海側の元山(ウオンサン)付近でも中・短距離ミサイルの発射準備を進めていることが28日、複数の政府関係者の話で分かった。米国の偵察衛星などが監視を強めており、新たな発射計画はテポドン2号の発射直後に実行に移されるとの分析もある。(以下略)



北、核爆弾小型化に成功か―情報機関
http://news.livedoor.com/article/detail/4088353/

【ソウル31日AFP=時事】国際的な非政府組織(NGO)「国際危機グループ」(ICG)は31日、北朝鮮がプルトニウムを使用した核爆弾の小型化に成功し、中距離弾道ミサイル「ノドン」(射程1300キロ)用の核弾頭を製造した可能性があると複数の情報機関が分析していることを明らかにした。≪写真は、都内に配備された地対空誘導弾パトリオットミサイル=PAC3=≫
 ICG北東アジア事務所(ソウル)のダニエル・ピンクストン氏によれば、情報機関は北朝鮮が保有する核弾頭を5―8個と推定。同氏はAFP通信に対し、弾頭は地下施設で保管されているとみられると述べた。韓国の情報機関はこれらに関して、確認していない。これまで各国の情報機関は、北朝鮮に核弾頭を保有する能力はないとみていた。
 日本のほぼ全土を射程圏内に収めるノドンは、北朝鮮国内に約200基が実戦配備されている。ピンクストン氏によると、核弾頭の組み立てに1-2日程度かかるとみられており、金正日総書記が直接指導する朝鮮人民軍から独立した機関が運用・管理を行っているという。〔AFP=時事〕



強力な軍事報復を警告=「日本の牙城を無慈悲に粉砕」-北朝鮮
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2009033101085

 【ソウル31日時事】朝鮮中央通信は31日の論評で、北朝鮮が「人工衛星」と称して発射の準備を進めている長距離弾道ミサイルを日本が迎撃した場合、北朝鮮は「再侵略戦争の砲声」とみなし、「最も強力な軍事的手段によってすべての迎撃手段とその牙城を無慈悲に粉砕する」と警告した。韓国の聯合ニュースが伝えた。
 論評は、日本が北朝鮮の衛星打ち上げをミサイル開発とみていることについて、「相互尊重」をうたった2005年9月の6カ国協議共同声明を認めない立場を宣言し、「6カ国協議のテーブルをひっくり返す行為だ」とけん制した。 
 さらに、日本政府は「衛星打ち上げを日本社会の軍国化と国内政治の危機解消に最大限活用」し、「米国との共同ミサイル防衛(MD)システムの展開など軍事大国化を本格的に推進するための足場」を整えようとしていると主張した。(了)
(2009/03/31-20:48)




報道を丸々全部信用する気はない。
ましてや、インターネット中心の情報が多いな。
が、全ての報道機関がナカヨシこよしではないだろうから、断片はつなぎ合わせることが出来る。
テレビのニュースではこの部分的な、または全くこれらには触れていない報道しかしていないなぁ。

ここまでをまとめると、こーなる。

・今まさに北朝鮮が撃とうとしているのは間違いなくミサイルだ。
・でもこれを撃ち落したら戦争になるぞと北朝鮮は言っている。
・そして北朝鮮の軍隊は既に戦争の準備に入っている。最初から日本に落とす気満々。
・北朝鮮には他にも200基ぐらいのロケットがスタンバっている。
・さらに今話題の1基以外にも、日本海側の数基が発射準備に入った。
・つーか、人工衛星を同時に何発も撃つわけが無いw(=やっぱりミサイルじゃん)
・北朝鮮は持ってないと思われていた核ミサイル弾頭も実は持っているらしいと判明。
・突然、政府高官(謎)はミサイルじゃなくてロケットかもしれないって言い出した。←今ここ

毎度毎度不安にさせてくれるぜい。
今回の件はいつにも増してギリギリラインのような気がするね。
っていうのも、実際に「いた」から分かることだが、
軍隊を戦闘準備状態に保つのって、すっげー金と個々の体力使うんだよ。
国中の軍隊を戦闘配備するってことは、
今の北挑戦にとって、どれだけリスクが高いことなのか・・・ってことさ。
つまり、意味も無く配備するなんて出来ない、するわけがない、っちゅー話だ。

さーて、今回はどうなることやら。
頼むからせめて秋田にだけは落とすなよ。破片の1つでも落としたら、怒るぞ、まぢで。

人気ブログランキングへ

タグ : 北朝鮮 ニュース ミサイル 国際

| TOP |

twitter

訪問者数

pixiv

pixivの投稿作品とか。

最新記事

コメント

トップをねらえ。

人気ブログランキングへ blog Ranking

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

記事検索

サイトの中を検索できますYO
カスタム検索

RSSフィード

ケータイで見る

QR
http://alvacore.blog91.fc2.com/?m

プロフィール

Alvacore

Author:Alvacore
種族:ヒト科
燃料:日本酒
呼び名:
 Alvacore
 ぽえにく
 みやびん
 直流・直流P


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。