スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ
関連エントリー

豚インフルエンザの話。「フェーズ4ってなんぞ?」

豚インフルエンザ。ブタインフルエンザA(H1N1)ウイルスによる感染症。
本来、豚⇔豚の間でしか感染しなかったインフルエンザウイルスが、
何故か人間に対しても感染を始めたそうな。
で、これはなんでかってのはまあはっきり判明していないのだが、
これまでは豚→ヒト、鳥はなかったんだけど、ヒト、鳥→豚の感染は実はあったので、
そっからもらったウイルスとのぶつかり合いで双方向感染力を得てしまったのではなかろうか。

さて、そんな豚インフルエンザなのだが、陽性反応はまだメキシコでしか出ていないものの、
既に死者の数3桁、陰性反応も含めればメキシコ以外でも多数の感染者が確認されている。
新聞もニュースもすっかり豚インフルエンザ一色となり、
WHO(World Health Organization:世界保健機関)によれば、
今回の件については、「フェーズ4に以降」との発表もあったそうな。
ところで、フェーズって一体何なのか。テレビではそこまで詳しく説明してはいないような。

さて、このあまり聞きなれない「フェーズ」って言葉、これに焦点を当ててみよう。

まず、このフェーズって言葉を知る前に、「パンデミック」という言葉を知らないといけない。
パンデミック(pandemic:感染爆発)とは、
感染症や伝染病が世界規模で流行する様子を表す言葉だ。
これまでに、世界は何度もこのパンデミックを体験している。
例えば、14世紀にヨーロッパで流行したペスト(Pest:黒死病)
世界各地で転々と7回もの大流行を起こしたコレラ(Cholera:虎列剌)
まだ記憶に新しい、1918~1919年に大流行したスペイン風邪ことインフルエンザ(Influenza:流行性感冒)などだ。

パンデミックが起きると世界規模で大量にヒトが死ぬことになるので、
死にたくない我々は必死で抵抗する。
そこでWHOなる組織の仕事の1つとして、パンデミックの脅威から世界を守るってのがある。
ところがWHOってのは研究や警告がメインで、強制力なんてほとんど持っていないので、
「これぐらい危険なんだお!気をつけるお!」
って具合に教えてくれる時、一般人がわかりやすいように基準を設けているのだ。
それが「パンデミックフェーズ」である。

パンデミックフェーズはこれまでに何度か微妙に内容が変わっているが、
大体こんな感じで6段階に分かれている。
fe-zu.jpg
まぁ見ての通り、実はその定義は曖昧だ。

WHOによれば現在、パンデミックインフルエンザ警報フェーズ4ということで、
フェーズ5としなかった理由については
「感染者は世界に広がりつつあるが、陽性反応はメキシコに限られている」
からとしている。

なお、世界中の全ての国がWHOに参加しているわけではない。
怖いのは、WHOに加盟していない国での感染者情報や対処情報は、
明確に得られないというところだろう。

ちなみにこの豚インフルエンザウイルス、ワクチンを作るのが困難な状態にある。
季節モノの普通のインフルエンザ用のワクチンを作るので精一杯だそうな。
ワクチン作るには「クリーンルーム育ちの両親から生まれた有精卵」が必要。
そんなもん、予定外に量産できるわけがないわな。スーパーで買った無精卵じゃダメなのね。
こんな状態で一気にフェーズ6とかいっちゃったら目もあてられないなー。
まぁ、ワクチンこそ無いまでも、タミフルとかリレンザとかの抗インフルエンザ薬は効くそうなので、
絶対死ぬわけじゃないけどね。

飛行機って便利なものが普及したおかげで、
現代の国外感染のスピードは驚異的な速さだ。昔とは比べ物にならない。
すでに国内に入ってきている可能性だってある。
今回の件については今日まで、
羽田空港なんかでは結構適当な検疫だったそうだ(メキシコ行った人でも素通りできたそうな)
不安があるなら、マスクをつけるなりうがいを徹底するなり、
自分で自分を守るしかない。
いやぁ、怖いね。ほぼ毎年恒例のようにインフルエンザにかかってる自分だからねw
気をつけよう。


おまけ。

パンデミックと言う言葉、これそのものは英語として扱われているが、
その正体をたどっていくとあるギリシア語が見えてくる。
この言葉pandemicは、panとdemicに分割する。
後ろのdemicの語源はdemosという言葉だ。
pan-(全ての~)demos(人々・民衆)、つまり「全ての人々」って意味だ。

古典ラテン語でpandemiaと書けば意味は同じで「全ての人々」だ。ギリシャ語語源なのがわかる。
不思議なことにこれの形容詞形はpandemicusで、「大流行の」と変化する。
pandemos→pandemia→pandemicus→pandemicと変化した言葉なのではなかろうか。

ところで、demosって言葉には実はさらに語源がある。
印欧祖語語幹って呼ばれる古い言葉まで遡れるらしいが、
それは「da- : 分ける・分割する」というものだそうだ。

まぁ、このおまけ記事部分はわたしも引用中心なので真実かどーかは判らないが、

んー・・・「全ての分割」 、か。
なるほど、意味的に間違いではないかな。
スポンサーサイト
人気ブログランキングへ

ジャンル : ニュース

テーマ : 豚インフルエンザ

タグ : ニュース 豚インフルエンザ

関連エントリー
コメント

コメントの投稿


コメントを非公開にする

| TOP |

twitter

訪問者数

pixiv

pixivの投稿作品とか。

最新記事

コメント

トップをねらえ。

人気ブログランキングへ blog Ranking

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

記事検索

サイトの中を検索できますYO
カスタム検索

RSSフィード

ケータイで見る

QR
http://alvacore.blog91.fc2.com/?m

プロフィール

Alvacore

Author:Alvacore
種族:ヒト科
燃料:日本酒
呼び名:
 Alvacore
 ぽえにく
 みやびん
 直流・直流P


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。