スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ
関連エントリー

いいなぁ

あまり知られてないらしいけれど、ディズニーのWALL・eには、現実のロボット版が存在する。


ああ、いいなぁ。
こういう形で子供に喜んでもらえる仕事っていいね。


WALL・eと言えば、
わたしにとってはショート・サーキットっていう映画のJohnny5が思い浮かぶ。
まぁ、デザインと設定こそ違えど、ほとんど同じっちゃぁ同じだわな。
オマージュってやつか。
知らない人は検索すると幸せになれる。あれはいい映画だった。

幼きころ、あのショート・サーキットを見てものすごく感動して、
実在しそうなリアル系のロボットが好きになったのを覚えている。
で、その主役のJohnny5が、わたしが初めてしっかり描いたメカ絵でもあったな。
あの頃、ロボット作りを夢見たこともあったものだが、
どちらかというとソフトウェアの方に興味があった。
理由は簡単だ。

ショート・サーキットの公開は1986年。私が4歳の頃だ。
実際に初めて観たのは小学生になってから、ビデオで観たのだが、
当時既にコンピューターをいじっていた私は、確か小学校低学年だったが、
プログラミングをもうやっていたのでソフトウェアの能力の凄さにびっくりしていた。
Johnny5のその映画での設定も、
雷によるソフトウェアのバグが、本来兵器だった彼に個性を生むって設定だったしな。
ソフトウェアを進化させた方が、ハードウェアを弄るよりも楽しいだろうし、文明は進化する。
そう思って、情報系に進もうと思ったんだよな。
気づけば物心の成長と共に、その方向性はゲームへと進み、
しばらくの間、将来の夢はゲームクリエイターとなっていたわけだ。

ま、なんだかんだで結局普通の高校へ進み、
大学も行かずに自衛隊コース。
特に「これが私の専門です」ってのが全くないまま大人になり、
こうして「自分はどんな仕事を探したらいいのやら」と迷う28歳になってしまった。

昔、自分がそう感じたように、
子供に笑顔と将来への期待を抱かせるような仕事が出来たらどんなに素晴らしいかと、思う。
スポンサーサイト
人気ブログランキングへ
関連エントリー
コメント

コメントの投稿


コメントを非公開にする

| TOP |

twitter

訪問者数

pixiv

pixivの投稿作品とか。

最新記事

コメント

トップをねらえ。

人気ブログランキングへ blog Ranking

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

記事検索

サイトの中を検索できますYO
カスタム検索

RSSフィード

ケータイで見る

QR
http://alvacore.blog91.fc2.com/?m

プロフィール

Alvacore

Author:Alvacore
種族:ヒト科
燃料:日本酒
呼び名:
 Alvacore
 ぽえにく
 みやびん
 直流・直流P


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。