スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ
関連エントリー

ハローワークで適職診断(※追記アリ)

要予約で人が絶えない、ハローワークの適職診断を受けてきた、の巻。

平日の真昼間だというのに、ここハローワークは相変わらず人が多い。
とても平凡に暮らしてきて、それでいてまともな職なんてついていなくて、
バイトやパートや派遣で様々な職を転々としてきてしまった自分。
正直自分に何が出来るのかなんて分からず、
求職票の「希望する職業欄」だって数分悩んだ挙句空白となる。
「私は何が出来るのか?」という疑問へのひとつの回答として、
ハローワーク側から、この適職診断をすることを薦められたわけだ。

適職診断はもちろん無料。予約が必要で、あらかじめ時間枠を確保しておく必要がある。
担当者は1日に1人しかいないようで、時間は30分以上かかると見ておいたほうがいい。
なので、最近の「行列が出来るハローワーク」では、思うようにこの診断も受けられないそうだ。

まず部屋に案内されると、名前や現状についてのシートへの記入と、簡単な質問をされる。
担当したのはじーちゃんだった。担当者名を丸で囲んでいたのを見る限り、
どうやら交代で二人で回しているらしい。
質問の後はパソコンに向かい、コンピューター診断の開始となる。

大まかにいうと、診断は3つに分かれていた。

ひとつは「興味評価」だ。
これは、自分がどういう職業に対し興味があるか、やってみたいかという診断だ。
6つの項目(現実的・研究的・社会的・慣習的・企業的・芸術的)に分かれており、
それぞれの領域への関心が数値化され、それにあった職業分類が紹介される。

もうひとつは「能力評価」だ。
これは、自分の能力に対し、どのような職業が合っているかを評価する診断だ。
こちらは8つの項目(リーダーシップ・ボランティア&サポート・プランニング・スポーツ&エクササイズ・リサーチ&アナライズ・コンピュート&アカウント・ハンドメイキング・アート&クリエイト)に分かれており、
それぞれの能力が数値化される。
そして、これを参考として、自分にあった職業分類が紹介される。

最後に、「総合評価」だ。
先述した2つの評価データを用いた総合判断となる。
興味と能力、それぞれをかけあわせた表が描かれ、
ここに数値が1~5で表される。
そこに対して、最終的に「興味と自信」による適合度が○とか×とかで示される。

で、ここまでがこの診断の内容なのだが、
ちょっととんでもないことになってしまった。
全部素直に正直に、思った通りにポンポンとクリックしていったのだが、
「なんでも興味があって、なんでも出来ちゃう人」という結果になったのだ。

興味の分野の数値化は現実とか研究とか、その分野に対して0%~100%で表示されるが、
全てが50%以上ってだけでも珍しいらしいのに、
現実とか研究以外が100%に近い状態。
本当なら、突出してるのがあってもそれが50%~70%程度なんだそうだ。

現実的興味領域(R):57.10%
研究的興味領域(I):70.30%
社会的興味領域(S):95.70%
慣習的興味領域(C):96.20%
企業的興味領域(E):90.50%
芸術的興味領域(A):84.50%

つまり、「なんでもやってみたい!なんでも興味がある!」という人間らしいということが分かった。
これで能力が追いつかなければ、どうしようもないのだが・・・

能力の分野の数値はもっと偏っていて、

リーダーシップ:99.10%
ボランティア&サポート;100.00%
プランニング:100.00%
スポーツ&エクササイズ:76.70%
リサーチ&アナライズ:100.00%
コンピュート&アカウント:86.20%
ハンドメイキング:76.40%
アート&クリエイト:99.40%

という結果になった。
これまた、まず普通は無い数字なんだそうだ。
多くの場合は私と逆で、方向性特化型の日本人が多いらしい。
数字は得意でも絵は苦手、だとか、
物は作れても販売は出来ない、だとか。
万能選手という奴だが、これでは逆に、売り込みは難しいだろうとも言われた。
何しろ資格なんぞ持ってないもんだから、
これは単なる自己主張に過ぎないからね。

で、いろいろあって最終的な総合評価。
担当したじーちゃんが動揺していた。
今まで、このコンピューター診断が始まってからずっとここでコレやってるらしいが、
はじめてみた結果だそうだ。
全ての職種に「適合」がついてしまったのだ。
本当ならば、数百設定された職種の中から、
十数程度の職種が紹介されるシステムなのだが、数百全部が適職。
なんか、私は何をやっても大丈夫らしい。
これまで一体、どれだけの人数の診断をこの担当者はやってきたのだろうか。
どの職でも全部大丈夫とか、むしろ私が大丈夫かどうかを危惧する前に、
このシステムが大丈夫か?と問いたい。

だってさ、市長とか出てきたよ。適職に。
ハローワークで紹介してくれるのだろうか、市長職。
(※そういえば親戚や先祖に、元県知事とか役所関係のトップクラス、軍の幹部がいたなぁw)

さてさて、今まで悩んでいたのが馬鹿らしくなってきた。(もしかしてコレが狙いか?)
つまり、私は「何も出来ないから」職業を選べないでいると自分で思い込んでいたのだが、
診断担当者曰く「何でも出来るから」職業を選べないでいるんだとさ。
つまり、なんでもいいからやってみな、ってわけだ。

ただし、あくまで自己評価であり、何でも出来るってのが事実とは限らない。
やってみたら出来ない可能性だってある。そこは念頭に置いておかなきゃならない。
ま、仕事とあらばなんでもこなす自信はあるけどな。

さーて、ある意味振り出しに戻った感もあるが、
次の休みまでにはこの診断を踏まえた上で、どんな仕事を狙ったらいいのか考え直そう。
担当のじーちゃんも言っていたが、
私の経歴とスキルでは、現状かなりの確立で1次選考の書類落ちだろうって話だった。
殺到してるから、面接に漕ぎ付くのは至難の業だそうな。
この書類落ちを防ぐ方法も相談していかなきゃならんね。
契約満了までの猶予はあと1ヶ月。いやはや、どうなることやら。

ここから追記


一応、この中からさらに最適ということで17の職種がクローズアップされているのでご紹介。

<最初の該当職種が少なかったので、あなたの実際の能力よりもやや容易なレベルの職種まで含めて検索しました。>


1、広報事務員
2、家庭裁判所調査官
3、百貨店外商部員
4、新聞記者
5、弁護士
6、保険店支配人
7、レポーター
8、経営コンサルタント
9、中小企業診断士
10、ニュースキャスター
11、ホテル・マネージャー
12、アナウンサー
13、裁判官
14、証券外務員
15、ツアーコンダクター
16、私立探偵
17、不動産鑑定士

あー、うん、なんか出来そうなのもあるっちゃああるね。
スポンサーサイト
人気ブログランキングへ
関連エントリー
コメント

ホームページ作成

そういえばこの間当館にアップしたMMFの初代サイトを作られましたよね。という事はホームページ作れるって事ですよね。ウェブデザイナーとしてやっていく講座今度教えますか。

私はホームページを始めた当初はあくまで趣味でビジネスなんて考えていなかったですが、今ではビジネスにつなぐべく取り組みをしています。

おお、そういえば忘れていましたが、
私は簡単なホームページなら作れるのでした。
でも、ウェブデザイナーの採用条件などを見ると、
私の知らない技術の話が結構あるんですよね。

基本、古いホームページビルダーで骨格を作り、
参考書などから拾った部品でHTMLなどの手打ちで加工、
程度の技術しか持っていないのです。

高価なソフトなんかは買えませんし、覚える機会がなかったですが、
仕事につなげられるほどの講座があるとしたら面白そうですね。

なお、ブログやサイトは合計すると大小2桁ほど管理しています。
そのうちの一部は、広告分野などから収入へ繋がっているものもありますよ。

何か参考となるお話がありましたら、お聞かせいただければと思います。

>高価なソフトなんかは買えませんし、覚える機会がなかったですが、
仕事につなげられるほどの講座があるとしたら面白そうですね。

Alvacoreさん、これなら大丈夫ですよ。はっきり言って高級な技術はいりませんし。それに家にいながらにして学ぶ事ができ、そのまま独立してやってくものです。だから年齢は関係ないです。実は私今やっているのですが。

「会員制サイドビジネス講座 ファーストクラス」
http://pirika.biz/a/nbll

それに高価なソフトは全くいりません。ちなみに私の方はPhotoShopとDreamWeaverを持っているのですがw何分登山サイトやっているために編集しなければならない写真数が膨大なものでw

>なお、ブログやサイトは合計すると大小2桁ほど管理しています。
そのうちの一部は、広告分野などから収入へ繋がっているものもありますよ。

なかなかやりますね。そういえば前にちょっとした情報販売もされていた様な。何かいつの間に廃止されていましたかね。こちらはこれから頑張ってビジネスを構築していく次第です。

なるほど、参考とさせていただきますね。
既に実践されている真っ最中、ということですので、
その成果も気になるところですね。

動画CMも作れます!

実は近いうちにホームページ作成サービスを開業するかもって所なのですが。それと動画CMも作成しましたので、一応以下がそのURLになります。

http://www.pirika.biz/cm1-2.html

なるほどなるほど、開業まで至ってしまうのですね。

今回の動画CMは見たところさっきのinfotop情報商材への導入ページですね。
近藤さんも実践されているのがコレだったようですので、
この場合はアフィリエイトという形になるのでしょうか。
情報商材アフィリエイトも最近は数が多く、当たれば還元率がいいのですが、
やはりどうせやるならば、このシステムの提供側に回ってみたいものですね。

コメントの投稿


コメントを非公開にする

| TOP |

twitter

訪問者数

pixiv

pixivの投稿作品とか。

最新記事

コメント

トップをねらえ。

人気ブログランキングへ blog Ranking

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

記事検索

サイトの中を検索できますYO
カスタム検索

RSSフィード

ケータイで見る

QR
http://alvacore.blog91.fc2.com/?m

プロフィール

Alvacore

Author:Alvacore
種族:ヒト科
燃料:日本酒
呼び名:
 Alvacore
 ぽえにく
 みやびん
 直流・直流P


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。