スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ
関連エントリー

超・物欲 AX-Synth

DTMかと言われればそうではないのだが、たまにはこのカテゴリで。

ご存知の方も多いと思うが、私は鍵盤弾きだ。
何はなくとも、手元に鍵盤楽器があれば安心する人で、
車には鍵盤ハーモニカを常備だし、部屋でもよく弾いている。

まぁ、上手くは無いんだが、
高校時代に、エレクトーン7台でビッグバンドジャズを演奏するアンサンブルチームを組んでいて、
そこで一番初心者だった私は、コード押さえとリズム隊としてのギターパートをやっていた。
超上級者だらけの中、必死に食らいついていったのだが、
ヤマハ主催の大会で次々に優勝していき、最終的にエレクトーンのアンサンブルでトップに立った。
招待プレイヤーとして、ヤマハのハイライトコンサートというものに呼ばれ、
ものすげーステージに立ったのは、今でもちょっと誇りだし、
あの時の、私は下手だけれども、皆で演奏すると絶対に必要な一部になっていったという感覚や、
とにかく、「楽しかった!」という思い出だけは多分一生忘れない。
別に優勝することだとか、そんなのはどうでも良かったんだよなぁ。
皆、自分達が楽しんで演奏していたし、聞いてもらう側に楽しんでもらう音の工夫を常に考えていた。

今となっては、当時持っていたピアノも、
実家がなくなったことで置く場所が無くなり手放してしまったし、
カシオトーンというリズムや様々な音源がプリセットから選べる、
スピーカー内蔵のおもちゃ感覚なキーボードでふらりと遊んでいる程度だ。

で、ここまでは前フリ。
とにかく鍵盤楽器が好きだってことなんだが、
ほら、最近アニメの「けいおん!」が流行ってるじゃないか?
あの影響で、バンドとかやってる人達が増えてきているもんだから、
急に「演奏をする」という事に関する会話の頻度が上がってきて、ちょっとうずうずしてるのだ。

そんなところに、ちょっとしたニュースが飛び込んできた。
「あの」ショルダーキーボードが、今の技術で生まれ変わって再販されるのだ。
ほら、あれだよあれ。
ショルダーストラップで肩掛けして、ギターみたいに持てるキーボード。
アニメで言えば、けいおん!のEDでも出てきたよね?あとマクロス7でも出てきたっけな。
昔ちょっと流行ってたんだけど、実はしばらく絶滅してた楽器なのだ。
ショルダーキーボード、略してショルキーなんて言ったりもする。
絶滅危惧種どころか絶滅してたのが出てくるんだから、
新規購入となれば唯一の選択肢となるな。

まずは紹介してみる。
公式サイト→http://www.roland.co.jp/products/jp/AX-Synth/

今回のこれのイイところは、結構いい音が出る音源を内蔵しているってことか。
こういったシンセには音源内蔵とそうでないものがあって、
外付けの音源を必要とする楽器というのは、拡張性こそあれど、得てして使いづらいものだった。

もう1つ、乾電池で動くというところだな。
鍵盤屋だって公園とかの広い所で空を見ながら気楽に弾いてみたい時だってある。

ところでショルキーの話になるとよく言われるのが、
「キーボードでギターの真似するぐらいだったらギター弾けよww」って事なんだが、
ギターはギターで魅力があるけれど、キーボードにしか出来ない音作りってのもあるよねぇ。
ところが、一般的な据え置きキーボードで演奏してる時ってのは、
仁王立ち なんだよ。基本。
ノリノリな曲とかなら、もちろん体は自然に動くんだけど、
仁王立ちで両手を広げるプレイスタイルってのは、正直動けない。首以外。
すると、皆さんご存知の、よくあるキーボーディスト独特の首ノリになるのだ。
でもさー、あれって結構苦痛なんだよ。
曲によってはもっと体全体で表現したい時だってあるんだよ。
それは別に人に聞かせるのがどうこうというより、
自分自身の問題だなw
私が鍵盤ハーモニカが好きなのも、その辺に理由がある。
あれは、なかなかいい楽器だぞ。

そんなこんなで何年も待った待望の新世代ショルキーAX-Synth。
7月発売予定で予約受付中なんだが、
けいおん!効果と唯一の選択肢ってことで無駄に多く売れてしまいそうだ。
発売日未定、価格未定、イタリア製で、初回入荷数もあまり多くないだろうな。
正直な話、欲しい。めっさ欲しい。
分割払いしてでも欲しい。予約すべきか否か。
でも・・・価格が分からないという恐怖wwwww

ちなみに、そんなに外見は好きじゃない。
まぁ、ステッカーチューンで色なんかはなんとでもなるか。
いざとなりゃー、ユニットだけ使って、外見形状は自分で作ったっていいしなw
スピーカーはついていない。自分用ならヘッドホンで十分。
ステージ演奏とか(しないと思うけど)するなら、アウトプットを無線化することが可能だ。
前にも色々な楽器を紹介して、欲しいとは書いてるけど、実際買ってはいないからねぇ、
この間も、趣味が多くて時間と金が無い~なんて言ってた所だしね。

ニコ動にはまだ無いみたいだけど、YOUTUBEにはイベントでの実機演奏映像がある。
聞いてみると分かるが、それ単体でもなかなかいい音の音源を内蔵しているのが分かるし、
ネックにあるコントローラーを駆使したエフェクト感が動きとして見れる演奏スタイルは、面白い。
音楽って見た目の影響もあるからね、バンドに「動き」を出したい時なんかはいいかもね。
当然、他の楽器と組んだ時の総合表現力の向上にはシンセはもってこいだ。
ストリングスからパイプオルガン、果ては鍵盤で初音ミクに歌わせる事だって出来るんだぜ?

これも買うかどうかは分からないけれど・・・

うーん。

欲しいw



補足しておくと、記事中では「音源内蔵だから良い」という表現にしているけれど、
だからといって内蔵していないものが悪いとかそういうわけではない。
私の都合の問題だな。
で、実はコレ、音源内蔵ゆえに実売価格は十数万円になるんじゃないかと予想している。
いわゆるシンセ奏者の人達なんかは既に音源を持っているだろうから、
むしろ音源無しで、もっと軽くて安いモノとして出してくれたら良かったのに!なんて声もある。
まぁ、10万超えなら、諦めもつくしね?いいんじゃない?w
スポンサーサイト
人気ブログランキングへ
関連エントリー
コメント

コメントの投稿


コメントを非公開にする

| TOP |

twitter

訪問者数

pixiv

pixivの投稿作品とか。

最新記事

コメント

トップをねらえ。

人気ブログランキングへ blog Ranking

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

記事検索

サイトの中を検索できますYO
カスタム検索

RSSフィード

ケータイで見る

QR
http://alvacore.blog91.fc2.com/?m

プロフィール

Alvacore

Author:Alvacore
種族:ヒト科
燃料:日本酒
呼び名:
 Alvacore
 ぽえにく
 みやびん
 直流・直流P


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。