スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ
関連エントリー

あやうく死亡事故。

タイトル通りだが、わたしが死ぬわけではなく、
あやうく殺しそうになった話。

ウチは静かな住宅街の路地に入ったところにあるんだが、
いつものように、ひょいっと左に曲がったのよ。
そしたらね、曲がる前に確認した時点で見えていた、
奥側の歩道にいた小さい子を連れたおばちゃんがいたんだけど、
曲がると同時に目の前にすっげー形相でこっちに飛び出してきたのさ。
で、まぁ、十分減速していたんでマッタリ止まれたんだけど、
こっちから見えていたのよりもっと小さな、おそらく4~5歳ぐらいの男の子が、
道路の真ん中を、こっちに向かって手も繋がずに走ってきてたんだな。

止まった時点で、子供と車は10cmぐらいの距離。そこに割り込むおばちゃん。
文字通りの徐行をしてて、いつでも止まれる速度だったから問題なかったが、
さすがに道路逆行中央突破を計られると、左折時は確認が難しいねぇ。
閑静な住宅地の細い路地だからなおさら、手放しでふらふら散歩する親子は多い。
よくある光景なんで想定済みだったからなんとでもなったけど、
普段、猛スピードでここを走行してる車なんかをよく見るし、
一時停止箇所でも、徐行どころか一時停止すら半分以上の車がしない。
もちろん、子供を野放しで道路の真ん中を交差点に向かって走らせる親も親だし子も子だ。
そういう危ない車との遭遇だったら、あの子供は間違いなく死んでただろうよ。
これを機会に、親子側も少しは道路での自衛を勉強してくれればいいのだが。



・・・という事態の2回目が今日起こった。同じ親子、同じ時間。
この親子、全く勉強していないwwww
スポンサーサイト
人気ブログランキングへ
関連エントリー
コメント

勉強。

そんな親にはならんようにします。
というかなりません(`・ω・´)

今日、横断歩道(信号有り)から5mくらいの離れた場所を今だ!!って感じで子ども(4~5才)の手を引っ張って渡ってる親を見ました。

なぜすぐ近くの横断歩道を渡らない!?と思いました。

気を附けないとね

左折時は巻き込み注意ですね。徐行するからまだしも、特に大きな車では死角に気を付けないとね。

たまにそういうアホな奴も出没するんで。住宅街はスピード禁物です。

初カキコー

昔は車来たら脇に寄れと五月蝿く言われたものですが
これも時代だとしたらよくない時代ですね

>ぴぐ様
かもしかクラブの出番です。

最近は、親が子供を連れて道路の横断ダッシュをするのが流行っている模様。
しかしあれは危険ですね。
子供がコケたら、大抵OUTなタイミングですものね。

>近藤@尾根様
お子は、かなりinよりから中央に出てきたようです。
半ば巻き込みですね。
まぁ私は元々バイク乗りでしたので、
巻き込み確認はかなり厳しくやってますね。

>夜刀月様
やぁどうも。
私は、日本人の性能は年々劣化してると思っています。
「悪しを善し」とする若者の傾向が遺伝していくなら、
確実に状態は今後さらに加速して悪化します。
きっと、もっと住みにくい国になることでしょう。

コメントの投稿


コメントを非公開にする

| TOP |

twitter

訪問者数

pixiv

pixivの投稿作品とか。

最新記事

コメント

トップをねらえ。

人気ブログランキングへ blog Ranking

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

記事検索

サイトの中を検索できますYO
カスタム検索

RSSフィード

ケータイで見る

QR
http://alvacore.blog91.fc2.com/?m

プロフィール

Alvacore

Author:Alvacore
種族:ヒト科
燃料:日本酒
呼び名:
 Alvacore
 ぽえにく
 みやびん
 直流・直流P


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。