スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ
関連エントリー

ブラウン管最強伝説支持派

P社の説明を仕事としてるのは表向きの金をもらうためにやっている「仕事」に過ぎぬ。
基本的にはSONY党員のAlvacoreです。どうもどうも。

昨今の薄型テレビ全盛時代は一向に高画質化の道を辿らず、
「地デジ」「省エネ」「薄い」ってのばかりが売り文句。
パナのネオプラズマや最近の東芝のZなんかはまぁ、そこそこ我慢出来るレベルだが、
けしてそれが過去最高画質とも思えず、テレビ番組を見ていても首をかしげる出来だ。
特に売れているところのSHARPとかSONYとかの液晶テレビは残念画質と言わざるをえない。
さらに、薄型化したことによって、どのテレビもスピーカーが阿呆みたいに小さくなった。
当然弊害が無いわけがなく、低音と広がりが全くと言っていいほど出ない。
地デジにいくら5.1chの情報が記録されていたとしても、これでは意味がない。

幼稚園時代からパソコンを使っている私にとって、
単純な情報収集ツールはパソコンで十分なわけで、
テレビはゲームや映画やアニメを楽しむ、「高画質な映像装置」という位置づけだ。
薄くなったところで特に関係ないし、電気代だって気にしない。
そうなれば、今のテレビの進化傾向は全く興味がないとなる。
こと画質・音質という、家庭で映像コンテンツを楽しむ上で一番重要な要素については、
むしろ、SHARPが「液晶最高」とか言い出した辺りから、一気に退化したと感じている。

タイトル通り、わたしはブラウン管支持派だ。
もちろん、液晶やプラズマがそれぞれ得意とする分野があるのは認める。
しかしそれは本当に限定された条件だ。
液晶なんて、文字通りど真ん中の席からわずかにでも角度がズレれば色情報が破綻する。

動きへの追従なんぞは現時点で販売されてるどのテレビでも納得のいくものはなく、
その「残像」と「反応の遅さ」、そして「ノイズ」に悩まされる。
薄型テレビから選べと言われると、ヘビーなゲーマーにとっては苦渋の選択しか出来ないだろう。
ブラウン管テレビは、動きにはトコトン強い。電気が流れれば即座にその場に光を映すのだから。

液晶テレビにはシャッターの格子が、プラズマテレビには画素間の隙間が見える。
そこで、これは画素数がいくら・・・これは画素数がいくら・・・と、
「格子の見える」目の細かさを競ったりしているが、そんなもんはナンセンスだ。
ブラウン管ならば、そんな格子なんぞ見えない。とにかく艶やかである。

よく、デジカメなどでも画素数が多けりゃ綺麗だと思っている人がいるが、それは違う。
映像は、目の細かさ、色、明暗、動きの滑らかさなど、多くの要素で構成されている。
目の細かさなんてのはあくまで1つの要素にすぎないのだ。



ということで今日のお勉強。
テレビを知るには、まずそれを見る自分の目の性能を知ろう!ということで、
人間の眼の性能を数値化してみよう。

認識出来る色は、約1000万色。ただし、色の3原色である赤・緑に対して青の認識は甘い。
赤>緑>青 という風に、認識の幅が違うのだ。
これは全体の1000万色は24ビットの色解像度で補える計算になるが、
そのままだと赤の情報が若干(10ビットほど)足りなくなるとも言われている。
よって現代のデジタル映画のマスターなどは、各色10ビットの30ビットの色解像度で作る時もある。
ちなみに、この色(RGB)を認識する細胞は約650万個ほど用意されている。

次に「目」の細かさ。一般に言われる、解像度と言われるものはこちら。
例えば20cm離れたところの物を見ているとして、
その1mm×1mmのエリアは10pixぐらいに分割して見ている。
その20cmぐらい先で認識出来るのは300mm×200mmぐらいと言われており、
3000pix × 2000pix = 6,000,000pix つまり、約600万画素って事になる。
ただしこれは、見えている中央部分だけの話だ。人間の眼は、外側に行くほど性能が悪くなる。
外側は密度が荒くなるっちゅーか、そういうイメージだ。

最後に、明暗。コントラストと呼ばれるものだ。
明暗を認識する細胞は、1億2000万個ほどあったりする。さっきのRGBの650万個よりずっと多い。
さて、この1個1個の細胞がどれだけのコントラストを認識出来るのか。
テレビの言い方を借りるとすれば、コントラスト比は大体1000:1ってところだ。
800:1とも、訓練をすれば1200:1ぐらいにはなるとも言われている。
そして約380nmから780nmの波長の光、つまり可視光線と呼ばれる範囲が明暗の限界値。
「1億2000万個のセンサーがそれぞれ400nm間の波長の光を800分割して認識している」と言える。

で、これが眼球1個の話。
つまり、これらのデータ「×2」となる。これを脳は同時処理にかけ、立体映像として認識する。
しかし何故か、膨大な数のセンサーを搭載しているにもかかわらず、
その情報を脳に伝える神経は各眼球120万ぐらいしかないらしい。
つまり、一部のセンサーは情報をmixしているとも考えられるし、
全ての情報が脳には伝わっているわけではないとも考えられる。
ここは人体の不思議だ。

ちなみに動きの認識としては、秒間8コマを超えると動画と認識され始め、
しっかり動画と認識されたいなら秒間15コマ以上は欲しいかな~と言われている。
目に入った情報が脳で解析されるまで1ミリ秒で出来るとか出来ないとかとも言われているので、
ひょっとすると秒間1000フレームぐらいは認識出来る可能性もあるがはっきりわかっていない。
あくまで伝送速度の話なので、実際の映像処理はもっと処理スパンが粗いだろう。

実際には120万程度の神経で脳に伝わる程度しか情報は得ていない。
じゃあ、一体どうして我々の目はこんなにもすばらしい映像が見れるのか?って話になるんだが、
実は見えていないんだよ、この映像は。
ここまで引っ張っておいて、すまんね。

さっき言った数値は確かに我々が見ている映像情報や解剖学を根拠にしているらしいんだが、
解像度や神経の量から考えると、実際にはかなり目の粗い映像になるはずなのだ。
じゃあ、なんでこんなに見えているんだ?と思う人もいるだろう。
種明かしをすると、実は欠損情報の多くは脳がイメージ映像で補間して映しているのだ。
それによって、本当は見えていないんだけど、見えているつもりになれる。
ほら、酷い寝起きの時って全体にぼやけてたりするじゃないか。
あれが本来の目から送られてくる映像に近いのだ。
逆に、夢はとてもリアルな映像で見ることが出来る。あれは脳だけで描かれた、本当の映像だ。
夢ってのは見てないようで、実は目で見ている映像と大して変わらないのである。
つまり脳は、それだけの映像を再現出来る、究極のリアルタイム3DCGレンダラーでもあるのだ。

学校で盲点ってのを習ったことがあるだろう。
眼球の、神経が束になってる辺りだ。
それを思い出して欲しい。我々には、見えない領域が存在する。
でも、その形も、色も、明暗も、本当は見えないのに、見えちゃっている。
幻覚なんかは、エラーや情報欠損によるものだ。

ということで、折角なのでここで盲点と脳のテストをしてみよう。
ちなみにパソコン向け。ケータイからじゃ出来ないかもしれんな。

これから下に出てくる画像には、左と右にキャラクターがいる。
このうち、好きな方でいいので、右なら左目だけで、左なら右目だけでこれを見て欲しい。
ケータイの人は適当な紙に、10cmぐらい離して1cm幅ぐらいの適当な印を二つ書こう。
あとはさっきと一緒。片目をつぶり、反対の目で左右逆のマークを見るんだ。
そして・・・ゆっくり近づいていってね!


盲点

さて、視界の外で、反対側のキャラがうまい具合に消えただろうか?そこがあなたの盲点だ。
不思議なことに、キャラクターが消えたところは周りの色でベタに塗りつぶされている。
つまり、見えなくなると同時に、そこを脳が周囲の色で誤魔化したのだ。
「ちょ、ここ見えねーしwww とりあえず周りと同じ黄色で塗りつぶしておくかwww」ってな。

んじゃ次。今度は右目で左の魔理沙を見て、同じように近づいていこう。

盲点2

紫色の線がクロスしているが、右側にいる霊夢が消えた時、その線はどうなっているだろう?
おそらくほとんどの人は、消えた部分が繋がり、見事に×印になったハズだ。
つまり、連続性のある図がある場合は、脳が勝手に盲点の部分を補間しているってことになる。
これらの実験により、驚いてしまうほどにその補間されている範囲は視界の中で広く、
多くの情報量が脳によって作り出され、我々が見ているつもりでいることがわかる

こんな感じで、実は我々が普段見ている世界は実は見えてるようで偽者だったりする。
つまり、カメラ本体とその伝送回路は実はショボいものを使っているんだけれども、
映像処理エンジンが驚くべき高性能、というわけだ。

これが、あなたの眼だ。




長くなったが、そろそろテレビの話に戻ろう。
どういうことかっちゅーと、今後のテレビやカメラの進化のヒントがここにあるんじゃないかってことさ。
大事なのは映像の損失情報を補間する映像処理エンジンにあり、
それでいて、人間の眼の特性をもっとよく考えて作るべきだと思うのさ。
人間の眼には無用な数値を伸ばすことばかりに専念している家電業界だが、
そんなことより、人間の眼の特性には足元にも及ばないでいる部分の進化を優先すべきだ。

私が生きている間にも、映像世界は過去のブラウン管より美しいもの目指せるハズだ。
日本には、今のようなオモチャではなく、もっとまともな映像装置作りを頑張って欲しいものである。
スポンサーサイト
人気ブログランキングへ
関連エントリー
コメント

ブラウン管のままですw

長々と解説お疲れ様です。うちのPCはこの正月にニューマシンに買い換えましたが、モニターは以前からのブラウン管のままですよ。それで問題なく使えている訳ですし。

長々と解説するのは単なる趣味です。
実際には、そんなに内容は濃くないという・・・w

PCのモニタは液晶です。逆に、文字通りの「モニタ」で十分なので、
省スペース・省エネである方が都合がいいもので。

コメントの投稿


コメントを非公開にする

| TOP |

twitter

訪問者数

pixiv

pixivの投稿作品とか。

最新記事

コメント

トップをねらえ。

人気ブログランキングへ blog Ranking

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

記事検索

サイトの中を検索できますYO
カスタム検索

RSSフィード

ケータイで見る

QR
http://alvacore.blog91.fc2.com/?m

プロフィール

Alvacore

Author:Alvacore
種族:ヒト科
燃料:日本酒
呼び名:
 Alvacore
 ぽえにく
 みやびん
 直流・直流P


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。