スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ
関連エントリー

群れの教育

メインPCの総チェックが思ったより早く終了。不良箇所も直してなんとか復活。
周辺機器が一部認識しないのはご愛嬌。

さて、私は1人暮らしだけど、新聞は取っている。
そりゃネットからでも情報は得られるんだが、
正直、朝が苦手な私としては、起きてからPC開いてのんびりブラウジングするよりも、
玄関に突っ込まれている新聞紙を速読した方がずっと速く、多い情報が得られる。
それに、ネットの記事って「こういうことがあったよ」ってのが中心で、簡潔な文章ばかりなんだが、
新聞紙には記者の考えとか、「こう思う」みたいな部分もあって、
こういう、一見すると「無駄な文字列」とも思える部分が、逆に読み物として面白い。

ネット上で見たニュースに対して、「こういうことがありました」というのだったとすると、
「ふ~ん、そうなんだ」でさらりと流して終わってしまう事が多いのだが、
それが新聞とかで、「こういうことがあった。こういうときはこうだったらいいのだが。」
なーんて一言添えてあると、「いや?わたしならこの方がいいと思うぞ?」とか、
「そうそう、そうだよなー」なんていう風にちょっと考えの幅が広がる。
それが、新聞の面白いところでもあると思う。

ところで、1人暮らしの人はあまり新聞って定期購読しないのだろうか。
先日友人と話をしていた時、そして職場でちょっとそんな会話を振ってみたとき、
周りの1人暮らしをしている人達は誰一人新聞を買っていなかったのだ。
むしろ、これに対して「普通は1人なら定期購読しない」「無駄じゃね?」とか「馬鹿じゃね?」と続き、
ある人などは、「家族が出来たら買うだろうけどさー」と来たもんだ。
そして驚くことに、これに対して同意する人の多いこと多いこと。
ちょっとこの、「家族が出来たら」なんてのはさっぱり意味がわからんね。
1人暮らしで新聞を読むことが無かった人達が結婚して2人で暮らしたとしても、
だからといって突然新聞を必要とするわけがないわなぁ。
おそらく、子供の頃に家族と住んでいる時は、その家で新聞を取っていたんだろう。
実際、そういう話し振りであった。

1人暮らしの人で新聞を買っている人が少ないのも、
家族が出来たら定期購読するものだと思っている人が多いのも、
どれも「周りがそうしていたから、自分もそうする」という日本人的な理由付けであり、
そこに、「何故必要なのか」という根本的な本人の意思による理由付けが全く無かった。

思う。
日本人の行動理念は、「群れに同調する」ことが中心なんじゃなかろうか。
ファッションにも「本人に似合うかどうかは無視された」流行とか、○○系とかあるし、
悪いことをした人が、「他にもやってる人は沢山いる」(だから、俺が特別悪いわけじゃない)
なーんて発言で自分を擁護してみたり。
幼稚園や小学校時代だってそうだ。
「はいみんな~、こっちにおいで~」って言われたら普通、子供はみんなそっちに行くだろう?
そしてそれに同調せず、行かなかった場合、「なんで○○ちゃんはこっちに来ないの!?」と、
普通じゃないと思われてしまう。我々は、そういうふうに育てられている。
根本の、「何故」が抜けている。理由を求める事を許さず行動させる教育が生んだ社会だ。

ちなみに、幼稚園や小学校の話は、私の話さ。
教育者が行動を指示した時に、「明確かつ正当な理由」がない場合、
多くの場合、呼ばれても私は1人だけそっちに行かなかったのだ。
他に、やりたい事があったから。理由無き指示と比較して、中断する価値が無いと考えた。
その結果、幼稚園でも小学校でも、それを理由に怒られることがよくあった。
「生意気に理由なんて求めるな、自分の考えで行動するな、指示を聞き、周りと同じ動きをすればいい」
どの指導者からも、いつの時代も、そのような事を言われ続けた。
その方が、指導者は集団をまとめやすいからだ。行動指示への理由付けってのは、難しいのだ。
それが、私の時代の日本の教育だった。今の教育がどうかは分からないが。

一斉に動く群れと相反する動きを、平然とする子供。
当時私は教師達から、「変な子供」と言われ続けていたのを知っている。
それはとても悪い意味だったが、私自身は己の意思でやっていた事なので気にしなかった。
しかし、普通は「変」と言われれば子供は恐怖する。言われたくない。
だから、変と言われないように、普通と思われたいから、
言われるがままに動くしかない。そのように、育っていく。それが当然の事なのだから。

当時、それが当たり前だと思って育った多くの子供たちが大人になって、今の社会がある。
その結果がコレだ。今の社会だ。
私は、当時の教育を良く思っていない。
今の教育現場も変わらないというなら、教育者には少し考えを変えてもらいたい。
行動と理由付けを一致できる人間が育たないと、
指示を受けて動くことしか出来ない群れが出来てしまう。
その中に指導者は生まれない。
指導者のいない群れは、滅びてしまうだろう。

・・・ま、これはあくまで私の中の説のヒトツだがな。
同調もたまには必要さ。たまには、ね。
スポンサーサイト
人気ブログランキングへ
関連エントリー
コメント

ふむ(・ω・)
あたしも理由を求める子供だったようだが、兄者とはタイプが違ったよな。

一人暮らし時代は仕事柄情報を仕入れるために新聞を取っていた。
夜族だったしネ。

今は好きな時にニュースや情報番組を観たり携帯で情報を拾ったりできるから新聞取ってない。

あたしは「みんながそうするからこうする」ではなくて、「自分がしたいから・必要だと思うからこうする」タイプだな(・ω・)/
ベビはどんな子に育つか楽しみだ。

我等兄妹は、まぁ似たようなものだろうよ。

コメントの投稿


コメントを非公開にする

| TOP |

twitter

訪問者数

pixiv

pixivの投稿作品とか。

最新記事

コメント

トップをねらえ。

人気ブログランキングへ blog Ranking

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

記事検索

サイトの中を検索できますYO
カスタム検索

RSSフィード

ケータイで見る

QR
http://alvacore.blog91.fc2.com/?m

プロフィール

Alvacore

Author:Alvacore
種族:ヒト科
燃料:日本酒
呼び名:
 Alvacore
 ぽえにく
 みやびん
 直流・直流P


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。