スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ
関連エントリー

大当たりを引いたのかもしれない

今の仕事、単なる紹介予定派遣(6ヶ月の派遣後に1年契約の契約社員)では無かったようだ。

親元から子会社として分離してまだ数年というこの会社、
親会社が100%出資なもんだから、その中身もまだ分離しきっておらず混沌としている。
で、親会社はおなじオフィス内ってのもあって色々な人と話をする機会を作ることが出来るので、
多くの人と会話して、欲しい断片情報をもらってつなぎ合わせてみた。

・現在、正社員扱いのほとんどは、親会社からの出向という形である。
・子会社が自ら雇った社員は契約社員という形から、となり、それもまだ人数は少ない。
・今年になって、ついに契約社員から正社員という立場へ上がった人が出た。
・出向という形をとっている正社員も、体制が整い次第子会社にその籍を移す。
・契約社員となっている人材も、逐次正社員に格上げして正規雇用者人数を会社として増やす。
・上記のつもりで雇ったので、契約社員だからといって業績の増減によって簡単に切ることはない。

だそうで。
特に試験といった試験もないようで、こちらで初の昇格者は4年目ぐらいで上がったらしい。
おそらく、それまでの営業成績や技能、評価、そして何回かの面談によって決まるのだろう。
先輩達から順番に、それもエスカレーター式に正規雇用にしていくつもりなのか。
実際に、そういう流れが始まったところだったようだ。

つまりあれですよ。
私も、派遣社員~契約社員のつもりで受けた面接が、
結果として、正社員の面接に受かったも同然、、、ってことですかねぃ?
どーりで期待が大きいわけだよw
まぁ、まだ推測の域は超えられないけれど。


そういえば話変わって、おいらの半年前に同じような紹介予定派遣で入った先輩がいるんだけど、
この人、毎日かなり遅くまでかかっているらしいのね、仕事。この人は事務中心なんだけど。
帰ると夜10時すぎるときもあるとか。っつーかそれがよくあるそうな。

ただ、この会社って基本的に「○○しろ」「あれやっとけ」ってのは無いのよ。
仕事は自分で作って自分で動くもので、
自分が忙しくなるかどうかは、その人次第。
それが事務絡みだと、逃げようのないFAX送受信とか見積もり依頼とかあるかもしれんけど、
それだってその依頼に対して、どこまで処理するかは本人次第なわけだ。
ただ回答するだけなら在庫確認と見積もり作成送信で1案件10分もかからんでしょ。
実際に教えてもらって楽勝だった。間違いなくPC関係は先輩方より処理が早い。
でも、そこに無駄な作業を詰め込もうと思ったらいくらでも詰め込める。
なんでわざわざ5分も10分もかけてこんな事してるんだろう・・・?ってのをよく目撃する。
エクセルで作るべき表をワードで作ったり、
アクセスなら楽勝のデータベースをエクセルで手打ちした挙句DBとしては成り立ってなかったり。

なんの話かっていうと、この先輩と会話した時に、
帰るのが遅いのを嫌がっている風ではあったんだけど、
それが一瞬自慢話のような感じに見えたわけよ。
俺はいつも遅くまで仕事しているんだぞ、だから疲れているんだ、ってな。

・・・しかし、私の目にはそれは己の無能さをアピールしている風にしか見えなかったわけで。
遅くまで仕事してるってことは会社は残業手当を出さなきゃいけない。
で、果たしてこの人は、それに見合った仕事をしていたのだろうか?と。
勤め始めた最初こそ、「すごいなぁ~よく働くな~まじめだなぁ~」と思っていたけれど、
大事なのは「働く時間の長さ」じゃなくて、「どれだけ利益を生む仕事か」なんだな。
最近、仕事の内容を知ってそれが見え始めてきた。
同じ遅くまで残るにしても、具体的な数字で成果を生み出さなきゃ会社はマイナスだ。

こうはなりたくないなぁってお話ですさw

ま~、入社半年(年齢は1個上なんで、早生まれの私と同世代か1個上か?)では、
私と技術・知識的には大差ないのだろうから、
まだまだ悩む時期なんだろうな。悩んで悩んで、残業代を稼げるだけ稼ぐ、と。
悩んで無駄に時間消費する前に先輩や上司に聞くべきだと思うんだけどな。
この人は、これから先、組織を動かす立場の目線を持てばいい方向に変われると思う。
でも今は自分の仕事しか見えていない。
ちょっと一緒に出張に行っても、
事務処理の残してきた奴が心配で目の前の作業が手につかない程に。
この人も今後は会社を出る機会が増えるだろうけれど、
このままだと、近い将来必ずパンクする。
誰かヒントを与えてあげてくれなかなー。

なんとか早めに事務専門職を雇ってもらえないか、相談してみるかな。
どうせサテライト開いたら絶対に本拠地側のオフィスに必要になるからな、事務職員。
そうすれば、出向いての修理業務と事務作業の兼務よりは幾分か気楽になるんじゃないかな。

っと、他人の心配する前に自分の心配だなw
スポンサーサイト
人気ブログランキングへ
関連エントリー
コメント

解かります

まだまだ伸びシロがある企業のようでよさそうですねv-91
発展途上ならではの大変さがあると思いますが、内容を見る限り
続けていて損はないですね、うんうん

あと、残業の一件、
>>大事なのは「働く時間の長さ」じゃなくて、「どれだけ利益を生む仕事か」
これは正論。Alvacoreさんがこれからどんどん仕事に慣れてくれば、不満は
さらに強くなると思う。例えば、

1.同じ仕事量なのにどんくさい方が残業代も貰えウマー
2.上司によってはいつも遅くまで残業してる人=仕事熱心ってことで高く
  評価する。

この2点は今後確実にでてくる不満点。2にも書いてる通り、上司次第で
そういう奴は案外出世する人も多いんですわこれが。

私も若かりし頃、この件で上司に抗議したもんです。逆に立場悪くしまし
たが・・難しい問題です。

Alvacoreさんには是非上手く立ち回ってもらいたいなあと思っています。
納得いかないのはすごく解かりますわv-42

案外、不満は持たないタイプ。

『こうはなりたくないなぁってお話ですさw』とある通り、
客観的な話であって、実はさっぱり不満には思ってなかったりします。
たぶん今後も、不満はそんなに増えないでせう。
愚痴っぽくここに書くこともあるかもしれませんが、
ここに書く事って、本人はネタとして考えている程度ですw

でもまぁ、確かにそうなんですよね。
この「残業」というシステム自体が、もう古すぎるんです。
ただでさえ欠陥システムな上に、情報化時代には合っていない。

納得いかない、とは思いませんよ。何しろ法律で縛られていますからね。
故に国が本当に見直すべきは、こういう法律だと思うんですよね。
子供手当てとか高速うんたらとかは、表面すぎです。
これがアメリカのように、『残業のつく一般職には残業や出張を命じず、地域や家庭との繋がりを大事にさせる』という考え方であれば、
より充実した生活・企業の安定が図れるのでしょうけれどねぇ。

まずは良かったというか、ようやく地に付ける感じですね。とにかく30前に決まって良かった感じです。もうしばらく頑張り所ですが、家族を作れるのも少なくとも私より早いんじゃないですかね。

こちらはまだまだ当面は頑張らなければならないのですが、そんな中で秘策もございます。この歳で情けないのですが、まずはアラフォーまでに輝ける様頑張る次第ですね。

>探求者Kこと近藤様
安定と金の代わりに、ゲームやネットをやる時間がほとんどなくなりましたw
自分が一番輝いてるのって、ゲーム中だと思うのです。
何が一番の幸せかは正直分からないなぁとしみじみと思っています。
・・・が、今は安定を取るべき時と確信している、今日この頃です

いわゆる「輝かしい生活」が出来るのっていつ頃になるのかな~と。
これを追って生きるのも、面白いとは思うのですが。

コメントの投稿


コメントを非公開にする

| TOP |

twitter

訪問者数

pixiv

pixivの投稿作品とか。

最新記事

コメント

トップをねらえ。

人気ブログランキングへ blog Ranking

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

記事検索

サイトの中を検索できますYO
カスタム検索

RSSフィード

ケータイで見る

QR
http://alvacore.blog91.fc2.com/?m

プロフィール

Alvacore

Author:Alvacore
種族:ヒト科
燃料:日本酒
呼び名:
 Alvacore
 ぽえにく
 みやびん
 直流・直流P


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。