スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ
関連エントリー

CUBEの修理

CUBEの修理をしてきたYO
これは大事な話ということで、記録。

本日、日産プリンスにてCUBEの2回目の修理をしてもらってきました。

話の流れを簡略化しますと、こんな感じ。

・購入当初
 α「ATコラムシフトののDレンジ、ものっそい遊びが大きくないですか?」
 日産「いやー、こんなもんでしょう」

・3ヵ月後
 e-4WDの状態異常表示がたまに点灯。日産で見てもらおうと思ったが再現出来ず原因不明。
 以降もたまに点灯している。

・不安があって1年後には日産には定期メンテナンスを依頼、頻繁にもてもらうように。

・徐々に遊びが大きくなり、Dレンジに入りにくくなる。
 本来のDの位置になかなか入らず、前後に落ちたり表示が消えたりする。

・1ヶ月前、ふと峠道に遊びに行ったら下りで1速が存在しないことに気づいて事故りかける。

・ワイヤレスキーの電池交換ついでに、修理を依頼。
 コラムシフト本体の交換をするので部品取寄せのため、翌週に修理の約束をする。

・先週末。朝一番で日産に持って行き、預けて代車(同時期の空色CUBE)を借りる。
 なんかすぐに直ったと連絡が来て、入院かと思ったら日帰り治療で手渡される。
 その場でシフトを動かしてみると、問題ないので乗ってその日は近くにある山形のアパートへ帰宅。

・仕事もあって仙台へ仮住まい中なので、翌日・日曜夜に仙台へ向かう。
 乗って高速の入り口のコンビニで止まり、再度発信しようとしたらDレンジが存在しないorz

確認してみると、何パターンかあり、たまにDに入ることもあるが2と1は完全に存在しない。

 本来: P→R→N→D→2→1
 まずこうなった: P→P→P→P→P ・・・これはどうしろとw
 その次はこう:  P→R→R→R→R ・・・入ったと思ってブレーキ話したら後ろへ
 んでこうなった: P→P→P→P→R ・・・もう騙されないぞ!w
 いじってたら : P→P→P→P→D ・・・Nと2と1が留守だw
 そこから上げて:P→R→_→_→D・・・走れるから・・・いいのか?w

その状態で二度とさわらず、日産に電話。
もう仙台に行かなきゃならないので、翌週末までに対策をしてもらうよう願う。
とりあえずビクビクしながら仙台へ向かう。怖いんで高速道路は最低限しか使わなかった。

・其の間の平日。ドライブスルーやコンビニでミッションが何分も入らず、幾度となく辱めを受けるw

・んでもって今日。昨夜の内に山形へ戻ってきたので、同じ日産プリンスに持っていく。
 1日待っててもいいからと言って、しっかり見てもらうと約1時間で原因判明。
 部品は30分ほどで届くということで、修理時間を考えても待った方が吉と判断。
 新聞読みつつ待つことそこから1時間、無事に修理は完了した。


 <原因>
 シフトレバーからは、ミッション本体に続くワイヤーがあるわけよ。
 自転車の変速機みたいなもんだと言えば分かるわな。
 で、そのワイヤーが、シフトレバーを動かす時に引っ張られたりリリースされたりして、
 ミッションの指定がどの位置にあるかを物理的に変更する。
 コンピューターはそのミッション側の物理的な変更を読み取って、
 メインパネル上でDだのPだのと表示するわけだ。
 今回の故障は、このワイヤーのミッション本体側に刺さってる部分を固定する金具の脱落。
 本来あるべき固定金具がない。
 内部ではまた別の仕組みでワイヤーが引っかかっていて完全に外れてはいなかったけれど、
 この金具がない事で、遊びが異常に大きくなっていたわけだ。
 常にたゆんたゆん。引っ張ってもその引っ張った力がミッションをちょっとしか動かさない。

 <故障に至る要因>
これは結局不明なまま。
この金具は通常の使用では物理的破損はほとんどありえない箇所だそうで、
最初から無かったか、整備の際、意図的に外したかしか考えられないそうだ。
なんでも、専用の工具でも無いと、とてもじゃないが外せないんだとか。
しかし、点検整備は依頼していたが、それはこんなところまでは見ないそうで。
他にはミッションまで見てもらうことは無かったので、意図的に外す機会はありえない。
ほぼ確信しているのは、「最初から無かった」という線だ。
だってほら、買ったばかりの頃から遊びは大きかったもの。

運転技術の問題で、無理な力が加わったりしてここにダメージが来る可能性は?と、
ちょっと引いた質問もしてみた。
だが、回答としては「それはありえない」ということで、ちょっと無茶なシフト操作をしたとしても、
ここではなく別の場所が壊れるだろうってことだった。
このタイプのCUBEは日本中でそれこそ大量に使用されているが、
まず、聞いたことが無い、初めての経験だったそうだ。

<再発の可能性と、今後について>
今回の修理によって、再発はまず無いだろうと思うとの事だったが、
前回も同じように大丈夫だと言って乗らせた結果なので、明言は出来ないって話だった。
そりゃそうか。

でまぁ、この話については明確に「上」にあげてもらって、
原因や状況などを調べてもらい、
何か分かったら必ず連絡を下さいって事で車を返してもらってその場は終了。

<思ったこと>
車という機械はそんなに詳しくないけど、
張力でもって物理的な運動をさせるワイヤーを使った箇所って、
多分・・・そんなに無いよなぁと思う。
で、そんな特殊な箇所であり、なおかつ「前例の無い故障」って事だったのに、
よくまぁ、30分で部品が届いたよなぁと。
ここから30分っていうと、ほぼまちがいなく日産プリンスの山形本店だろう。

良いように考えれば、疑うべきはATシフト~ミッション間だってのは間違いないから、
用意させた1週間を使い本店側に部品を丸ごと準備したってところか。

悪い考え方をすれば、実は初の修理なんかじゃなくて、リコール一歩手前のような感じ?
不安があって、部品が本社から送られてきていて、
発生したCUBEがあったら使ってね・・・って感じとかね。

何しろほら、車じゃないけど今は自分もメカニックみたいなもんをやってるもんだから、
今回の一件は、修理する側の目線で見ちゃったわけですよ。

まー、ここで会話した誰もが故障の原因であるわけでもなし、私に売った人がいるわけでもなし、
直感的に、原因は作られた時点にあると思うのでな。
怒る相手じゃないので、もう大丈夫だと言うなら、信頼してみやう。


ということで、BNZ11型CUBEに2~3年乗ってる人、
コラムシフトのレンジに遊びがあまりにも大きいなぁと思うなら、
「こういう話を聞いたので」と、ちょいとワイヤーの根元を見てもらうといいかもしれませんよ。

ちなみに、今回は保障内ということで、無料修理でした。 さて、狩りにでも行ってこよう。
スポンサーサイト
人気ブログランキングへ
関連エントリー
コメント

怖いなあ

私も一度AT車でどこへいれてもNにしかならなくなって怖い思いをした。
ほんとミッショントラブルって怖いよね;
特にオートマはどうにもならんw

おそらく本来必要であった固定金具が最初から無かったんでしょうね。
流れ作業で機械が取り付けてるのか、作業員が一個一個取り付けてるのか
分かりませんが、どっちにしても恐ろしいミスです。

なんか最近、自動車産業はある程度経験を有した派遣社員を随分切ったから
その辺大丈夫なんかなあと時々思います・・

どこへ入れてもN!
これが峠だったら、確実に逝けますね・・・w

作業工程で、あってはならないミスが起きたのは確実です。
それは本当に小さな、一見するとなんの役に立つかわからない部品。
でも、それだけで、人が亡くなる可能性は大幅にUPするんですよね。

まぁ、今回は勉強になったと思っています。
私も今回の仕事は、人の命に深く関わる機械のメンテナンスですからね。
原因不明のまま、「多分大丈夫」で客に返すなんて、
絶対にやっちゃいけないことだと確信しました。

コメントの投稿


コメントを非公開にする

| TOP |

twitter

訪問者数

pixiv

pixivの投稿作品とか。

最新記事

コメント

トップをねらえ。

人気ブログランキングへ blog Ranking

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

記事検索

サイトの中を検索できますYO
カスタム検索

RSSフィード

ケータイで見る

QR
http://alvacore.blog91.fc2.com/?m

プロフィール

Alvacore

Author:Alvacore
種族:ヒト科
燃料:日本酒
呼び名:
 Alvacore
 ぽえにく
 みやびん
 直流・直流P


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。