スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ
関連エントリー

機能が多い。EP-902A購入レビュー。

プリンター新調しますた。
10年の壁が崩壊した、瞬間。

買ったのはEPSONのEP-902A。
EPSONの家庭用複合機で最上機種ですな。
普通の人が3~6年で買い換えるものを10年使う人なので、
半端なものを買うと数年後にすげー後悔して壊れる前に買い足したりして損するので、
どうせ最上位機種買っても下位機種の倍の値段ってわけじゃないので最上位機種。

しかし、凄いな。機能が多い。そしてドデカい。
この機種を選んだポイントは3つ。

1、ADF。オートドキュメントフィーダ。
普通、スキャナって言うとコンビニのコピー機みたいにでかい蓋で挟んでガラスに伏せる、
平面読み取り型が思い浮かぶでしょ?でもあれ、何枚も読み取る時は結構大変。
手書きでイラストを何枚も描いたり漫画描いたりとか、
雑誌を取り込んでしまおうとか、チラシを取り込んで持ち歩こうとかすると、
読み取るだけですげー時間がかかってしまう。
そこで登場したのがADF。
コピーする時の読み取り口が上にもあるのよ。業務用FAX複合機みたいなアレ。
複数の読み取り文書をそこに積むと、自動的に連続してスキャンしてくれるのだ。
もうね、これは待望の機能だった。これが搭載された時点から、買い替えは狙ってたもんな。

2、DISCレーベル直コピー&DISCトレイ内蔵
最近流行りの機能なんで説明不要だろうか。
レーベル印刷が出来るプリンターが当たり前になった昨今だが、
どうも食指が働かなかった。前使ってたプリンターには当然、搭載していない。
で、私が「ああこれだ!」と思ったのが、複合機での「レーベルコピー機能」だ。
プリンター側には、普通のレーベル印刷と同じでDISCを置くわな。
で、これまではパソコン側のソフトでもって、専用ソフトで画像をDISCに合わせて修正して、
時間をかけて初めてレーベル印刷が実現していた。
ところが、ここで違うのが、元になるDISCをスキャナ側に入れちゃうってところだ。
スキャナで読み取る。それをそのまま、新しいDISCのレーベルに印刷する。
ボタン1発。ほんと、なんと簡単になったものだろうか。
ちなみに、これがCANONだとDISCトレイが内蔵じゃないらしいんだが、
EPSONなら内蔵だ。ボタンひとつで本体の口からトレイがニョキッと出てくる。
「これ使うから棚に置いておいて」って言われても3日で紛失する私にはこっちの方がいい。

3、無線LAN対応
複数のPCを使う人ならではというか、どう考えてもLANプリンターであるという点は便利の一言。
だがしかし、最近は我が家も無線化が進んできており、
モバイル等からの印刷はやっぱり無線LANが一番便利だ。
今はまぁ、狭い家だけど、10年使うつもりでいるならば、
そのうち間違いなく、「ああ、無線LAN搭載で良かった」と思うこと請け合い。

で、まぁ、期待していた機能はその辺で、実際に触ってみてやっぱり期待通りで安心。
まったく期待もしていなかった、予想以上に便利な点を挙げるとすれば、
・PCを立ち上げていない時のタッチパネルでの操作が凄く軽快で分かりやすい
・さすが最上位機種・・・高級感溢れるデザインで部屋の空気が一新w
・PC操作からのプリント中に、他の作業が出来るようになった(前はプリント中はPC動かなかった)
・ミスプリント命令時に出す「中止」の命令が、瞬時に判断されてすぐ止まる。
・USB接続で外付けHDDを接続して認識。PCを経由しなくても直接画像を選んで印刷可能。
・→しかも画像検索が複雑なフォルダ階層に数千枚でもすぐ終わる。
・フルカラーでもすぐ印刷が終わる。思ったよりずっと速い。
・マルチメディアリーダーとして使える事。これが一番びっくりしたw
→プリンターにSDカードやをつなぐじゃん。
 するとUSB接続しているPCのマイコンピュータに、そのカードが現れてファイルが扱えるのw
 USBマルチメディアリーダー壊れたところだったから、これは助かる!w

で、もちろん書かないとレビューにならないので残念だった点。
・思ったよりうるさい。色々と自動化されているので、電源入れて放置してるとたまーに勝手に動く。
・インクの減りが早い。あ、でもこれ初期インクだからこんなもんだろうか。
・MS(メモリースティック)対応だけど、Duoは直接入れられない(今時MS・・・それはないだろうw)
・排紙トレイが相変わらず手動。そして斜めに引っ張っちゃうと引っかかってスムーズに出てこない。
・→排紙トレイ、以前にも増して薄くて貧弱に。
・でかいのは仕方ないとしても、この大きさにも関わらず本体に指をかける持ち手がない。
・しかも指をひっかけて持ち上げようとした箇所は、上物全てが開くでかい蓋だった罠。

あと、興味を持ったこと。
オプションで自動両面ユニット(EPADU1)っていうのがあるらしい。これは知らなかった。
これは本体の背面に半埋め込みで取り付けるタイプらしいんだけど、
これをつけるとこのプリンターが自動両面印刷に対応するわけだーね。
確かに、自動両面印刷は凄く便利だろうな。使うシーンは色々と思い浮かぶ。
だけど、問題がひとつ。
ただでさえデカいのに、奥行きが一部分だけガッとでかくなる。
イラストしか見てないけれど、明らかにこれ・・・でかいだろw
背中側が平らではなくなるので、置く場所を非常に選ぶようになってしまう。
うーむ、どんなもんだろうなw
価格は・・・2,600円~2,980円?おお、これは予想以上に安い。
ちょっと来月買ってみようかね。

最後に、画質なんだけど、
プリンターとして持ってる性能はきっと、本当に凄いもんだと思うんだ。
でも、それを活かせるったけのカメラなんて、私は持っていない。
私の持ってるデジカメの印刷は、性能分だけきちんと印刷出来た。これ以上は無理だな。
てーことは、このプリンターの持つ「画質」性能を活かすなら、
それだけのソースを用意出来るカメラが必要になるってことか。

レビューを読んでの通り、私がこのプリンターを選んだ基準はあくまで「機能」。
よくある○○.comなんかの商品のレビューや口コミを読むと、
解像度やインク数で画質が云々と語っている人が非常に多いけれど、
家庭用のプリンターなら、むしろ機能を実際に使うシーンを想定して選んだほうが、
流れる画質の噂だけで買っちゃうよりずっと便利に長く使えると思う。

しかしアレだな。高かったな・・・。
本当はPC新調用に貯めていたお金があって、それの一部を使っちゃったわけで、
またしばらく、PCの新調は無理っぽいねー。
でもま、プリンターって何気に結構使うから、いい買い物したんじゃないかと思う。

いいモノに出会うとwktkするね。これでまた、気合入れて働けるよ。
スポンサーサイト
人気ブログランキングへ
関連エントリー
コメント

コメントの投稿


コメントを非公開にする

| TOP |

twitter

訪問者数

pixiv

pixivの投稿作品とか。

最新記事

コメント

トップをねらえ。

人気ブログランキングへ blog Ranking

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

記事検索

サイトの中を検索できますYO
カスタム検索

RSSフィード

ケータイで見る

QR
http://alvacore.blog91.fc2.com/?m

プロフィール

Alvacore

Author:Alvacore
種族:ヒト科
燃料:日本酒
呼び名:
 Alvacore
 ぽえにく
 みやびん
 直流・直流P


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。