スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ
関連エントリー

パソコンの話

最近、一般個人向けのパソコンの値段が大幅に下がっているらしい。
海外では1万円ぐらいのパソコンもあるとかないとか。
国内でも5万円を切るパソコンが、ノート・デスクトップ両方に出てきている。

かつて低価格化の壁となっていたのはOSの価格だと言われていて、
5万円を切るパソコンにはWindows等のメジャーなOSは入らないのでは・・・と言われていた。
が、実際蓋を開けてみると、ちゃーんとWindowsXPのHomeEdition正規版が入っている。
ならば性能が低いのかというと、案外そうでもない。
手元のチラシによればデスクトップなんかは、
 ・CPU  Pentium Dual-Core E2160 (1.80GHz)
 ・メモリ 1GB
 ・HDD  80GB
 ・スーパーマルチドライブ
これで49,980円である。あまりにも安くないか?
ただしこれはモニタは別売りだそうな。

自分がメインで使っている愛用のPCは色々とカスタマイズしてあるが、
結局元は初期型Pen4の1.7GHz仕様である。
電気は食うわ処理は遅いわ、後期型と互換性が無いから換装できないわ、である。

ベースが遅いマシンをカスタムしてるものだから、
折角いいパーツを組んでいるのに実はその真価を発揮出来ないでいるのだ。
とは言え、30万ぐらい出して買った当時を思えば中々手放せないでいるわけで。
わずか5~6年前に30万円で買ったものが、今では5万で買えるモノより性能が低い罠。
テレビや冷蔵庫といった家電や、車やバイクでも聞かない話である。
ことパソコンの進化の速さといったら、これはもう異常事態だと思っている。

ちなみに、この5万円パソコンは安いからと言って素人向けの導入モデルではないと思う。
必要なものが既にある人や、あくまでこれをベースと考えてカスタムできる人等、
ある程度の知識を持った既存ユーザー向けであろう。
特筆すべきは小型ノートパソコンの方か。
これは安くするためにHDDが入っていない。
SSD4GBを搭載しており、それがシステムドライブになっている。
低容量だが読み込みの速さはHDDとは比べ物にならないほど速い。
データは別に持ち歩くとかオンライン上のデータベースを利用し、
利用に関してはデータ通信や営業活動で便利な軽量ビジネスモデルとして推せば・・・
これは中小企業には結構売れるんじゃないかと思う。
個人使用に適しているかは触ってみないと分からない。
MHFやFFXIが動く程度のグラフィック性能があれば、まぁ買いだろうか。
しかし空き容量は1GB程度となる予感。上手に使えるかが鍵となるのは間違いない。
仕様的にはSDカードからのOS起動も出来ると思うが・・・どうだろうか?

さて、今調べてみたら、海外版はやっぱりOSがWindowsではなかった模様。
その分海外では価格がかなり安いんだそうな。
日本だから、という理由でOSにWindowsを入れて値段が高くなったのだとしたら、
それはオイラのような貧乏人泣かせとしか言いようが無い。

参考商品
デスクトップ: LesanceDT XPHE2160RAM
小型ノート : Eee PC 4G-X
スポンサーサイト
人気ブログランキングへ

ジャンル : コンピュータ

テーマ : PC買い替え

タグ : LesanceDT XPHE2160RAM Eee PC 4G-X

関連エントリー
コメント

コメントの投稿


コメントを非公開にする

| TOP |

twitter

訪問者数

pixiv

pixivの投稿作品とか。

最新記事

コメント

トップをねらえ。

人気ブログランキングへ blog Ranking

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

記事検索

サイトの中を検索できますYO
カスタム検索

RSSフィード

ケータイで見る

QR
http://alvacore.blog91.fc2.com/?m

プロフィール

Alvacore

Author:Alvacore
種族:ヒト科
燃料:日本酒
呼び名:
 Alvacore
 ぽえにく
 みやびん
 直流・直流P


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。